« 大村線のキハ66と67 | トップページ | ファン感謝デー »

2007年12月 9日 (日)

1点の重圧

P1090044 P1090045_2

12月8日、横川駅からの無料バスには長蛇の列

広島ビッグアーチに向かう人の波は途切れない。聞けば今期最多の動員数。

P1090051P1090057 P1090058

バス7台で詰め掛けた京都サンガのサポ、毛利軍団の法螺貝鳴り響く中、紫と白のコレオグラフィで彩られるスタンド

サンフレッチェ広島はこの日もウェズレイ先発も明らかに重い。駒野が孤軍奮闘するも、クロスあげても中にいない

さらには決定機を作っても京都を守るクロスバー。せめどもせめども割れないゴール

後半、京都のカウンターは下田やストヤノフがなんとか守る。1点取れば広島J1。でもその1点が奪えない。

冷え込むビッグアーチ、祈るサポーター

 

そして

P1090076 P1090080

1点が生んだ、残酷なまでの明暗

P1090092 P1090095
初めて、第3者の立場でみたJ1J2入れ替え戦(今まではバレー大虐殺のとき以外、当事者だったのでw)。
第1戦MVPはポストと言ったけど、この試合も前半から攻め立てたホームチームのチャンスを防ぎまくり。
特に後半ロスタイム、柏木のバイシクルがポストに当たってそれたシーン、広島の選手サポにとって見れば、当分忘れられないシーンになるでしょうね。
普段の広島を今年は見てないので、何ともいえないけど、それでもピチブー→平繁の交代が遅い、むしろ先発だろ?とは思った。場内FMでも再三言ってたし。
そんな広島の??な選手起用、京都はカトQの攻撃的采配、秋田の引退、中谷の母の死去など、後付けではこの結果を妥当とする理由はいくらでも言えるけど、シュートが数センチずれてれば、サンフレに1点入ってれば、すべてひっくり返ったわけで。
去年もそうだけど、1点の重圧というのを、痛いくらい感じました。

とりあえず京都サンガ、J1昇格おめでとう
最後に中谷選手のご母堂さまのご冥福を、心よりお祈りいたします。

 

試合後、横川駅行きバスは何台も、試合直後に出たバスも40分ほどで戻ってきたのに、アルパーク行きのバスは行ったきり帰ってこずに7時ごろまで散々待たされた。

来年来るときは要注意。もっとも、J2なら観客4分の1以下か?

 

ところで、このエントリーのカテゴリーにあえて「鉄道」を入れたわけ

試合後の広島駅、改札通ったところにTRAIN+第2弾のチラシが

今度はどこだ?と思ったら

P1090102

orz

呉線かよ・・・切符売ってたのかよ・・・ま、知っててもこの日は時間取れなかったけど。

津山みたいな鉄道遺産施設見学が無いので、ちょっと弱いかな?便数は多いけど

次は美祢線か山口線?

|

« 大村線のキハ66と67 | トップページ | ファン感謝デー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/17322314

この記事へのトラックバック一覧です: 1点の重圧:

« 大村線のキハ66と67 | トップページ | ファン感謝デー »