« 島原・がまだすリーグ | トップページ | 宮崎キャンプその2 »

2008年2月19日 (火)

宮崎キャンプその1

 毎年恒例となった宮崎キャンプ。選手にとって大事なのは言うまでも無いけど、気持ちを過去から未来、来るべき新シーズンへとスイッチするため、サポーターにとっても大事なイベントなのかもね。特に九州からだと行きやすいし。

 というわけで、宮崎にさっそく行ってきました。

 

 2月16日、友人の車で宮崎へ。順調な経路で13時ごろ到着予定。アビスパの午後練習は15時。「昼食どうしよう」「生目の杜行っても混んでるよね」「なら巨人キャンプだと空いてるんじゃない?」という、ある意味とんでもない、でもある意味現実の会話の末、サンマリン球場へ。

 ・・・・・予想通り、いや、それ以上の惨状でした。

P1100084_2 P1100087_3

 今年はジャイアンツ宮崎キャンプ50周年ということで、過去の選手のユニフォームやグラブといった道具や当時の新聞(記事のみならず他の広告などもカットなし)、選手との写真はファッションや車などリアルで三丁目の夕日など少ないながらも興味深く、東京から宮崎まで昔の仲間を尋ねながら一般道!を運転しながらやってきた関本四十四氏の新人時代とかのトークショーも面白かったけど、いかんせん人がいないんです・・・・・。

 13時すぎでボールパークGという屋台村にはほとんど人が並んでないし、関本氏のトークに集まったのも100人くらいか。球場内では実松とイスンヨプがフリーバッティングやってたけど、観客は多く見ても600人か。

 15時すぎのホークスヴィレッジと比較しても、思い浮かぶのは盛者必衰の言葉。

P1100093_3
 さて、アビスパのこの日の午後練習は翌日の練習試合を想定して、ボール奪ってからの反撃についての確認。

P1100094_2

 噂には聞いてたけど、クレアコーチ、イイキャラしてるわ。この日も亨とか六反とか選手いじっては笑いをよんだりして。例年以上に厳しい練習にはいいアクセントになってそう。

 選手よりコーチが目立っても仕方ないんだけど、このキャラ使ってなんか出来ないかな?

 スカパー中継のハーフタイムで体操とか銘打って、「ビビーズブートキャンプ」とか。

 

 夜は他のサポ仲間と宴会、って、これが最大の目的だろw

 宮崎の繁華街、去年に比べて「肉巻おにぎり」の店増えてない?見た感じ250円が多かったけど、TBSドリームプレス社でも確か県知事と紹介されていたここは300円。カロリー気にしつつも、おいしくいただきました。

P1100097_2 P1100098_2   

|

« 島原・がまだすリーグ | トップページ | 宮崎キャンプその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/40175937

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎キャンプその1:

« 島原・がまだすリーグ | トップページ | 宮崎キャンプその2 »