« 北条鉄道にも行って来た | トップページ | 宮崎キャンプその4 城南一和戦 »

2008年2月25日 (月)

宮崎キャンプその3

キャンプシーズンも大詰め。ということで土曜日、再度宮崎へ。
今度は福岡から飛行機で、ん?食券くれるの?あれ?メールが
「機材トラブルで2時間遅れ」・・・・・orz
結局、宮崎空港到着は予定より2時間10分ほど遅れ、シーガイアへの移動はバスからタクシーに変更。3920円+有料道路通行料200円也。
(TM 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島)

P1100167
広島からバスツアーが来てたこともあってサンフレサポもみかけたけど、それ以上に多かったのがアビサポの皆様w
最大のライバルと予想されるだけに、気になるからね
ところが試合はジュ二ーニョ、フッキ、我那覇(この日は8番つけてなかった?)という川崎の反則3トップに翻弄されまくり。6分のジュニ、11分の我那覇ゴールなんて3人でとっちゃった点。
さらにフッキがちゃんと前線から守備やってるし。
広島のフォーメーションは3322か。カバーとオーバーラップで頻繁にポジションチェンジしようとしてるんだけど、トルコ帰りからそう日が経ってないためか体が重い。
例えば数人で囲もうとしても、鳥かごのつもりが烏合の衆になってたり。逆に数的優位を常に作られたり、と。
あれだけジュニをフリーにしたら、そりゃやられますわな。42分にもド真ん中でドフリーにさせて強烈なシュート打たれたし。
後半、サンフレは久保が出てきて注目されたけど、非常に気になったのが新外国人ユキッチの起用法。
動きをみるにトップ下、1.5列目あたりのプレーが多いんだけど、フォーメーションは3ボランチの一角か。
確かに試合中、ボランチの位置から上がることも多かったけど、なんか監督の策に適性があってない気がする。
後半1点返したけど、明らかにみんな気が抜けてたロスタイムに混戦から高柳が押し込んだもの、あまり参考になりません。
他にも下田の大ちょんぼ、精彩まったくない李などみてると、今時点ではサンフレ、来週のゼロックスはともかくとしても、昇格確定とはとてもとても、という内容でした。
川崎はこれに憲剛、チョンテセが入るんでしょ。期待していいんじゃないですか?2−1でした。

試合後、バスだと1時間くらいかかるし、シーガイア-宮崎駅が本数少ないので、相乗りでタクシー使って生目の杜へ。
実は全国の定額タクシー予約サイトで3400円ちょっと、と調べてたけど時間切れで予約し忘れて、下手こいた〜と思ってたのですが、シーガイアのシェラトンはホークスのキャンプ宿舎(まあ、お金持ちだこと)になってるので、シェラトンから生目の杜まで定額2500円でタクシーがあるんですね。

P1100175_3   
運転手さんの話によると、選手も結構利用する、とのこと。まあ、この話がいろいろと示唆に富んで面白かったのですが、これはそのうち。

|

« 北条鉄道にも行って来た | トップページ | 宮崎キャンプその4 城南一和戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/40253965

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎キャンプその3:

« 北条鉄道にも行って来た | トップページ | 宮崎キャンプその4 城南一和戦 »