« 宮崎キャンプその3 | トップページ | プレシーズンマッチ・大分戦 »

2008年2月26日 (火)

宮崎キャンプその4 城南一和戦

2月23日午後からは生目の杜でアビスパvs城南一和の宮崎キャンプ最後のTM

 1軍がオープン戦に入りすっかりお客さんの減った営業最終日のホークスヴィレッジでは、アビー君がTMの営業やってたりしてましたw

P1100176 P1100177 って、売店スタッフに営業してもね(笑)

 さて試合。城南一和はキムドンヒョンを1トップにした基本4321か。その「2」、右はチェソングク(かな?)だけど気になったのは左をやってたこの選手。FC東京戦ではフランシスコ・ダ・シルバが点取ってたけど、彼がそう?けっこうトリッキーな動きして、かなり攻撃のアクセントになってた。

 韓国で点取りまくったら、そのうち日本に来るかもね。

P1100194

 かな?とか、そう?とかあいまいな書き方してるのは、ただでさえ情報なかった上に城南のシャツがバラバラ。黄色なのは同じだけどユニフォームに背番号無しとか背中ハングルのKリーグ仕様とアルファベット表記のACL仕様が混じってたり、ほんといい加減。あの国はいつもそうなの?

P1100186 左はK仕様か。右はACLエンブレム付き。ちなみに左の選手にレッドカード出た直後。

 まあ、この時期まだ背番号固定せずやるV・ファーレン長崎なんてところもあるから、よその事いえないけどね。

 アビスパはタライではなくタレイが初登場。久藤とのコンビやってたけど、なかなかいいんじゃないっすか?少なくとも広島のユキッチよりははるかにちゃんとしたボランチ。互いの上がりの際は互いをフォローする動きも初の実戦にしては上出来。

 もう一つの驚きはCB布部。オプションの一つとしてのテストなんだろうけど、これも案外すんなり出来たからびっくり。左サイド、中島→久藤→久永からクロスといった攻撃も何度かいい形になってました。

 もちろんいい話ばかりじゃなくて、サイドの裏突かれてピンチ招いたり、後半ルダンが下がってからゴール前に何度も迫られたり、ユースケが精彩欠いたのは気になった。特にマイクの不調ぶり。本人も気にしているそうだけど、このままじゃ新外国人選手の出来次第じゃFW3-4番手かと。これで黒部取ってなかったら、どうなってたんでしょ?

 韓国チーム相手ということで心配する向きもあったけど、けが人無し、レッドカード相手に1枚という「おとなしい」結果で、結局TMは0-0で終了。これで4戦完封の負け無し。後半、決定的シーンがほとんど作れなかったのも気になったけど、まずまずの出来では?

P1100193 試合終われば、互いのベンチに挨拶

 少なくとも去年みたいな「クリア禁止→細かいパス攻撃→むやみにパス回し→奪われて失点」というお間抜けなシーンは減るかもね。その分サッカーとしての面白みはなくなるけど、昇格のためにはリアリズムも必要でしょ。

 あとは松田サッカーを否定してた人たちがどう思うか、がちょっと心配。昇格した直後に罵声浴びせた奴もいたしね・・・・・はあ、黒歴史。

 こうして宮崎キャンプは、翌日のミーティングで無事終了、選手バスをアビー君もお見送り。

P1100195

・・・・・まあ、この後18時ごろ宮崎市内をあるいてたら、選手数人と会ったわけだがw

 

この日の宿は宮崎駅前のタワーホテル。立地や構造からいってひょっとしたら、と思ったら、やっぱりバブルの遺産だったそうで。現在はクレイン橘と同じ経営ということで非常に安価。夕食割引+18階のバーでの1ドリンクもついてネットも使えて、朝食バイキングも値段相応で、いいんじゃないでしょうか。

|

« 宮崎キャンプその3 | トップページ | プレシーズンマッチ・大分戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/40271549

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎キャンプその4 城南一和戦:

« 宮崎キャンプその3 | トップページ | プレシーズンマッチ・大分戦 »