« ファーストクラスで行くワーストクラスの試合観戦・・・J2第11節・湘南vs福岡 | トップページ | 限界・J2第11節・福岡vs熊本 »

2008年5月 5日 (月)

球技と球戯の格差・J1第10節・川崎vs鹿島

そんなこんなで平塚での救いようのない糞試合(アビスパ視点・湘南からすれば完勝)見せられ、落ち込んだ状態で向かったのは等々力。
なんか、川崎の試合は年1回は見に来てるような(去年は国立ナビスコ決勝だったけど)。
P1110790 武蔵小杉駅にはこんなポスター。これだけでもアビの文字だけポスターに比べて通行人へのアピール度は段違い。
P1110792 シャトルバスで等々力へ。P1110793 これはチームバス
P1110794 P1110800 おや?この女性は?

http://www.frontale.co.jp/f_spot/tv_mc_web/MIWA_COM/

http://yaplog.jp/hachimitsume/
tvkで金曜夜にやってる応援番組のMC・木口美和子さんですね。次週オープニングの収録やってました。モデルさんということで新体制発表会の画像ではじめてみた瞬間にうらやましくなったけど、実物はさすがに美人。いや、偶然だったけど嬉しかった。

その直前の番組のマリQとは大違い・・・ゴホゴホ。横酷ではワルノスクイーンやビール売りの女性の方が美人説も(r。昔はDIRECTVでtvk見れたのにね。
P1110803 チケット24,000枚(かわさきFMによると)完売ということで、さすがに試合90分前は大混雑。ペットボトルOK。
ここのスタグルメは「ある意味」有名ですが、今回はホーム側ということで普通に堪能。
P1110804 P1110805 まずはメインスタンド。和幸弁当は完売だったので、山田うどんへ。パンチ丼(モツ煮)も引かれたけど、オーソドックスに天ぷらうどん。濃い味付けは私には新鮮。450円。
P1110808 P1110810 バックスタンド、スカパーハーフタイムCMもやってるFUNKY'sのホットドッグ。1本から3本まで選べ、ホーム側はチーズソース、カレーソースなど含めトッピング自由と至れりつくせり。アウェイ側は・・・・・・
P1110815 これは以前からの名物カツサンド450円
P1110809 BUYかわさき、と銘打って地元商店も並んでて、どう見ても持ち帰り用の和菓子洋菓子や川崎大師の咳止め飴なども。
 バックスタンド裏ステージでは「エンタの広場」と題し、この日はサル廻し「猿タの広場」も開催。
4月26日の柏戦には一部マニアには大人気なフロンタールズも登場したそうで。
P1110904 ・・・・・・拡大してるので画像見難いけど今年の衣装エロ杉だろう。特に袖がシースルーなのは。見たかった・・・・・・・
P1110839 ピッチサイドには高木聖佳さんも。ただSS席だったので遠くて見えなかった・・・・デジカメ買い換えないといけないかな?

P1110814 SS席といえば、クッションとブランケットの無料レンタルも。こういったサービスはさりげないけど嬉しい。

P1110818席ツメ隊、本当にあの格好で活動してるのね。ただ指定席やスタジアムそのものの拡大する時期じゃないかな。

選手紹介VTRは相変わらず上手いよね。カウントダウンが12番で曲の切れ目で時間かけるのも好印象。いっつも録画しちゃう。

P1110831 P1110817

試合は両サイドや中盤の激しい攻防、ジュニーニョの個人技など各所で見所十分。マルキーニョスと青木のスーパーなゴールでリードした鹿島に対し、後半山岸の2アシストで川崎が一気の大逆転。移籍後かみあってなかった山岸だけど、誕生日のこの試合でようやくチームの一員となれたか。川崎のトップページも「ようこそ」だし。

ピッチサイドで生卵&小麦粉やるとはおもわなかったけどw。チョンテセのケーキ攻撃は、あの状況ならお約束w

P1110884 てか、これ見たら憲剛とかも誤爆くらってるなw

はっきり言ってスタジアムのハード自体は糞スタだけど、様々なソフトで補って余りある、という感じ。

川崎サポがブーイングしないというのは嘘。この日の先発発表でも小笠原とかにはけっこう飛んでた。だけど、必要以上はないし、それより応援というのが徹底されてる。

メンバー発表前、アウェイサポに対し歓迎のアナウンスやって、スタンドからも大きな拍手が起これば(歓迎アナウンスはあっても拍手が起こるところは珍しい)、少なくとも悪い気はしないよな。そういったフレンドリーな雰囲気で、ユニークかつこまめな営業活動やって、ピッチでも3連続逆転勝利とかやってたら、そりゃファン増えるよね。ぶんぶんタオル買いたくなったし

P1110889 P1110890このボードの社名の多さが、物語ってます

・・・・・・・・アビと正反対じゃねーか、これ。

ピッチ上でも、これぞ球技というのをこころゆくまで堪能させていただきました。

これに比べると、この日のアビスパがやってたのは球戯。球偽とも言えるかもね。同じJリーグとはいえない似てもなく非なるものか。楽しく、考えさせられる試合でした。

|

« ファーストクラスで行くワーストクラスの試合観戦・・・J2第11節・湘南vs福岡 | トップページ | 限界・J2第11節・福岡vs熊本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/41086977

この記事へのトラックバック一覧です: 球技と球戯の格差・J1第10節・川崎vs鹿島:

« ファーストクラスで行くワーストクラスの試合観戦・・・J2第11節・湘南vs福岡 | トップページ | 限界・J2第11節・福岡vs熊本 »