« FOOTBALL GOES ON・・・ | トップページ | J2第39節・アビスパ福岡vsベガルタ仙台 »

2009年9月13日 (日)

鹿島vs川崎で思い出した、99年8月広島、2002年リーガのこと

あまりにも理不尽といえるカシマの中止。リーグ全体の展開と試合展開考えると、そりゃ鹿島サポ以外にとっては怒るよな(`ε´)。テセじゃなくとも。

過去、Jリーグで試合が始まったあとに中止再試合になったケースが、土曜日の鹿島ws川崎で6試合目みたい。でも、過去5試合のうち、雷(高校生直撃事故以来、サッカー界は雷には厳しくなってる)以外で中止になったのって1試合だけみたい。

その試合、1999年8月18日水曜ナイターの広島スタジアム、サンフレッチェ広島vsアビスパ福岡、私も行ってたんだよなー。思い出した。

あの試合もピッチに水がたまりまくって、タッチライン際でドリブルするサンフレの選手に、スライディングタックルにアビの選手が行ったところ、そのまま2人とも10m弱滑って陸上トラックまでさようなら、なんて状況((・(ェ)・;))。

でもって、ハーフタイムが何の説明もなく妙に長くて、15分立っても選手出て来ず、20分しても出て来ず、そうこうしてたらメインスタンド下で選手が集められてなにやら説明。

その選手らに対し、報道カメラのフラッシュが光った。「このシーンを撮影する状況とは?」

その瞬間、中止を確信。

しかも、その発表があった数分後に雨が見事に上がってやんの(;ω;)

アビサポと、何故か来ていた知人のサガンティーノの子と一緒に、「雨天中止」の電光掲示板をバックに呆然とした顔で記念撮影して帰った苦い思い出。

その試合は0-0だったけど、再試合は10月の土曜日好天、でも小島ノブさん退場で田草川緊急Jデビューもあったりしつつ2-0完敗だったな。

 

もうひとつ、こんな試合で思い出すのがベティスvsレアルマドリーの試合。調べたら202年9月15日だったのね。前半終了間際で停電のため中断。後日10月9日にやり直しだったのが、上記の思い出から最初からかと思ったら、中断時点から再開。

なので再試合、前半残り時間+後半45分の「ほぼ47分1本勝負」(後半から、と書いてる一部ブログもあるけどこれは誤り。ほんの数分でエンド交代するシーン覚えてます)。

だからみんな走る走る!90分経過しても実質後半2分なので、当然スタミナ切れずにありえないぐらい走る走る!!

試合終了の笛と同時に起きたどよめきは、もう終わり?とすごいものを見た、という感じ。

この試合、日本では当時のJ SKY SPORTSでクラッキ&金子の名物コンビで生中継。やり直しのときは「中断前の前半を再放送」→「47分1本勝負の生中継」なんて粋な中継体制でやってくれた思い出があります。そんな中継やってくれたから翌年のリーガゲッツ事件でファンが激怒したんだけどさ。

さて、鹿島川崎はどう落とすやら。今回はどーせ最初からやり直しにするんだろうけど。勝ってた側は納得はできないよな当然。

というか、その前に佐賀まで持込仕事とっとと処理しろ俺ι(´Д`υ)アセアセ

|

« FOOTBALL GOES ON・・・ | トップページ | J2第39節・アビスパ福岡vsベガルタ仙台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/46195323

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島vs川崎で思い出した、99年8月広島、2002年リーガのこと:

« FOOTBALL GOES ON・・・ | トップページ | J2第39節・アビスパ福岡vsベガルタ仙台 »