« 苦悶・J1第30節 ガンバ大阪vs横浜F・マリノス | トップページ | 混迷・JFL後期第13節 MIOびわこ草津vsV・ファーレン長崎 »

2009年10月25日 (日)

涙のデジャブ・J1第30節 京都サンガFCvs大分トリニータ

今まで結構、第三者サポとしていろんなスタジアムに行っている私、でも愛知より西のJ1スタジアムで唯一、相手サポじゃなく第三者サポとして行ってないところがあった。それが西京極。いうまでもないけどゴル裏は最低レベルのスタジアムなんで、メインスタンドから見ればどうよ、ということで、あえて行ってみた。

P1290029 万博16時のガンバvsマリノスを見てから急いでモノレール→阪急で西京極へ。このハシゴした人も結構いたみたいね。駅には宝塚音楽学校の募集広告が。

阪急西京極駅から行くとバック、アウェイゴル裏に出るので、メインスタンドへは半周が必要。なんか、周辺歩道、暗くない?

P1290146 また動くみたいな話は聞くけど、どうするんだろうね。京都のスタジアム案。というわけで、スタンドに入ったときはもう19時。

P1290034 麿サポ。最前列には「情けは無用。己を信じて勝利を」と。

P1290038 P1290040 やたらマルハンマークが目立った酉サポ。横断幕には「先のことより今の1勝」「マルハンありがとう!」「最期まで歌う」と。

P1290054 やたら影が薄いので、アピールしようとするもいつも空回りなマスコット。

P1290056 あちこちでの発言の裏を常に考えてしまう京女なマスコット。

P1290060 ホームチームの4倍ぐらい大分側に群がるカメラクルー

P1290067 ピッチに背を向けてサポを間近で狙うカメラクルー

・・・・・・・なんか、こんな光景、私、どっかで記憶あるんだけど(@Д@;

P1290096 この日のユニ、京都が紫と黒でパンツが黒、大分がグレーだけど汗が染みるとすぐ色が濃くなる上にパンツが黒、と遠目から見れば非常に区別つきにくかった。大分の2ndユニは来年変えないとやばいでしょ。

P1290081 P1290088 勝利以外は即J2降格スペシャルな大分が立ち上がりから攻撃に出ると、6分に高橋がミドル叩き込んで大分が先制。

P1290090_2 しかも14分には京都DF李 正秀が2枚目のイエローで退場。しかも2枚目は「大分の」最終ライン付近で、足の裏見せてのタックルという蛮業で一発レッドでもおかしくなかった。

「関西アウェイ」「負けたら終わり、降格決定」「前半で数的有利」「先制」「審判の笛はホームに辛いかも」・・・・・・どっかで記憶あるんだけど・・・・・・。

P1290093 P1290094 しかし、前半21分、ロングボールにDFの裏をとって走りこんだ林が左45度から西川との1対1を決め「前半で追いつかれての折り返し」。この展開、どっかで・・・・・・。

P1290116 P1290117 ハーフタイム、スカパーの和田りつ子先生の横をチアがグッズ打ち込みで場内一周。一人明らかに美形がいたけど上手く映ってない。デジカメ買い替えですな。

後半、勝つしかない大分の前に立ちはだかったのはシジクレイ。なんという皮肉・・・・・。高松を狙って入れたロングボールも「残念そこはシジクレイだ」とばかりに何度となくはじき返し、まさに大分の前に壁になってました。

76分以上10人の京都の攻撃はドキッ!ディエゴ頼みのサッカー(ポロリもあるよ)状態ながら、1トップを入れ替えたりしつつ何度か決定機を演出。しかしこれをことごとく外しまくりトドメをさせず。京都の韓国人2選手が攻守ともに散々(14分退場は論外だけど)な日でした。

京都はホームでのJ1通算100勝達成(しかも15000人弱と大量動員)、大分は残留のため最後まで勝利を狙うものの、お互い、この内容で勝ちきれないのは大概問題があるな・・・・・。という印象。そしてついにそのときは・・・・・。

P1290151 2009年10月24日20時53分、試合終了。誰も幸せにしない1-1ドロー決着。

P1290152 P1290155 P1290166 P1290180

というわけで、試合後、スタDJがこの結果に一言も触れなかったことも含め、個人的には2001年の最終戦のデジャブを見た感じ(あの試合は9人のガンバに最後逆転負けという笑うしかない降格試合だったけど)の大分降格決定試合でした。

メインSM席にも古い大分トリニティ時代の法被着たサポとか大分サポが結構来てて、泣いているサポもいました。もうすぐナビスコカップ決勝だけど、1年でまさかねえ、こうなるとは私も思ってませんでした去年の今頃は。這い上がるにはどれぐらいかかるんでしょうか。

なでしこリーグを目指してたはずの女子チームがいつの間にか(選手も知らないうちに)なでしこリーグへのチャレンジリーグ昇格戦を断念してたように、今後当分は存続が第一義的目標のクラブになるんでしょうか、というか、そんな気がするな。J2のプレミアKyuリーグ化はネタとしては面白いけど、現実としては厳しいだけであって・・・・・・・。

降格の悲しさをある意味日本で一番知っている京都サポから試合後、トリニータコールが起き、大分サポも京都サンガコールでエールの交換が起きたのは、慰めにもならないだろうけどこの日唯一の救いだったかもしれません。

そんなこんなで、ようやく取れた大津のホテルへ移動しました。あ、忙しかったので夕食忘れた。ま、いっか。

|

« 苦悶・J1第30節 ガンバ大阪vs横浜F・マリノス | トップページ | 混迷・JFL後期第13節 MIOびわこ草津vsV・ファーレン長崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/46574543

この記事へのトラックバック一覧です: 涙のデジャブ・J1第30節 京都サンガFCvs大分トリニータ:

« 苦悶・J1第30節 ガンバ大阪vs横浜F・マリノス | トップページ | 混迷・JFL後期第13節 MIOびわこ草津vsV・ファーレン長崎 »