« V・ファーレン長崎度チェックというのをやってみた | トップページ | 田上渉の退団とかあれこれ »

2010年1月 9日 (土)

年明けのあれやこれや、KyuリーグとかJリーグとかVVNとかワールドカップとか

年明け早々、今を生きる、と言い切ることの大変さを感じる今日この頃。

いつの間にか長崎県や島原市もワールドカップキャンプ地に立候補したのね

2002年は中津江村以外にも各地で色々あったけど、そういった体験が長崎県でもできればいいね。いや、受け入れるとなれば相当大変だけどさ。2002年はある地域の市役所で自殺者まで出たし。

長崎市は立候補しなかったんだ。広島市も開催地としては立候補しなかったのかな?オリンピック立候補してワールドカップ出ないのはいろんな考えあるんだろうけどさ。

いつの間にかヴァンクール熊本も解散したのね

2008年のKyuリーグでもV・ファーレン戦でGKいなくてFWがGKやってたりしたけど2009年は開幕戦からして最初から10人だったり、練習に人が集まらない、とか、よからぬ話は伝え聞いてたけどさ。こうなると寂しいね。

これで沖縄かりゆしFCに次いでの解散のため、2010シーズンは各県リーグから2チームが自動昇格に。国見FCはチャンスだったけど、各県決勝大会でいきなりHOYO Atletico ELANとはね・・・・・。今日の試合は0-5敗戦。

そのため、明日の準決勝で勝ったほうがKyuリーグ昇格。OSUMI NIFSvsHOYOは結構注目かもね。復帰を賭けるOSUMIに対し、HOYOが勝てば、いろんな事がおきたりしてね(あくまでも個人的推測)。

おととしまでの自分なら、博多の森まで見に行ったんだろうけどね。

河野太郎衆議院議員の大分トリニータに対するブログがガチな件について

これに反発している大分サポもいるようだけどさ、どうなんでしょ。

>「三位以内に入れば県が助けてくれると言っているから来期昇格の可能性だってあるんです」
>こんなふざけた話はない。三位以内なら助けるなら、今助けて、Jリーグに基金を返却するべきだ。安定化資金を六億円も食いつぶすでたらめな経営でリーグに迷惑をかけておきながら、一年でJ1復帰などというべきではない。一年で復帰などと甘いこと考えるから支出削減すらできない。

>「経営安定化資金に手をつけたクラブは半人前だというのですか」
>そのとおりだ。

フジタ撤退直後の湘南の最貧期、存続危機の時代に直接かかわってただけにね。説得力を感じるんだけど。

ちなみに、5億円以下の運営予算なJ2クラブもあるし、V・ファーレン長崎は年間予算1億円ちょっとなのかな?。チームは例えば関西地区だと往復バス移動で昨年8月にいたっては、帰りだけですが千葉県市原市から長崎県までバスで帰ってます。

そりゃ貧乏自慢なんてしたくないし、恥ずかしい話だけどさ。

どこまで事実なのかはわからないけどさ、何事も現実を受け入れる、ということは、時には残酷な作業なわけであって。

 

で、V・ファーレンはどうなってるのよ。選手契約してるのが幸野屋だけ?退団発表された3選手のほかにも、ちょっとは聞いたけどさ。うーーーーーん、明日のセレクションもだけど、そっちも気になる。いけないけど。

また、明日という日が無事に来ますように。

|

« V・ファーレン長崎度チェックというのをやってみた | トップページ | 田上渉の退団とかあれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/47247993

この記事へのトラックバック一覧です: 年明けのあれやこれや、KyuリーグとかJリーグとかVVNとかワールドカップとか:

« V・ファーレン長崎度チェックというのをやってみた | トップページ | 田上渉の退団とかあれこれ »