« 長崎市の来年度予算案について | トップページ | 222222222 »

2010年2月18日 (木)

俺の財布からtoto経由冬季五輪へ?

・財団法人日本体育協会 

平成20年度日本体育協会公認スポーツ指導者海外調査研修事業  3,931,000

・財団法人日本オリンピック委員会 

発掘及び育成強化 優れた素質を有する競技者の発掘    3,061,000

ドーピング検査    ドーピング検査               3,530,000

在外研修       若手スポーツ指導者長期在外研修   27,670,000

・財団法人全日本スキー連盟    

発掘及び育成強化 クロスカントリー強化セミナー        720,000

発掘及び育成強化 アルペンスーパーGトレーニングキャンプ 523,000

発掘及び育成強化 アルペンコーチセミナー           829,000

・財団法人日本スケート連盟    

発掘及び育成強化 ショートトラック有望新人発掘研修会   1,025,000

・社団法人日本近代五種・バイアスロン連合  

発掘及び育成強化 ミニバイアスロン講習会・大会の実施 

  〃     ビアスレ&シューティング講習会、及び大会開催 4,399,000

・青森県         国民体育大会冬季大会の競技会開催支援

第64回国民体育大会冬季大会スケート競技会・アイスホッケー競技会 15,000,000

 

まだ平成20年度の交付内定事業しか公開されてないけど、ぱっと見ただけで分かるものでも、基金や競技強化といった国の交付金ではなく、スポーツ振興くじ(つまりtoto)助成金として、つまりtotoの収益から冬季オリンピック出場の関連団体とかウインタースポーツ大会にこれだけの援助が行ってるんだって。

そりゃ、趣旨から競技団体へのtoto助成金は、トップ選手に直接行くというより普及発掘といった地味な活動が主な使途になるけど、これ、もっとアピールしたほうがいいと思うんだ(´・ω・`)

俺?毎年何万円貢献してるのやら。今年もだな多分。 

|

« 長崎市の来年度予算案について | トップページ | 222222222 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/47590191

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の財布からtoto経由冬季五輪へ?:

« 長崎市の来年度予算案について | トップページ | 222222222 »