« 勝手にJFL第3節(V・ファーレン長崎vsMIOびわこ草津)のご案内 | トップページ | 敗戦で得るもの JFL第4節 V・ファーレン長崎vsFC町田ゼルビア »

2010年3月29日 (月)

JFL第3節 V・ファーレン長崎vsMIOびわこ草津

P1000284 諫早の県総での今季初開催。諫早駅西口(裏口です)から無料シャトルバス運行しましたが、案内が急だったし駅の改札前(改札は東側にしかない)に案内掲示なかったので、利用者少なかったかな。駐車場が工事のため少ないので、皆さんどんどん利用しましょう。特に試合後。

P1000285 残り3ヶ月弱の県総です。

P1000294 ロスタイムに入る直前に同点ゴール叩き込んだ宮尾です。

P1000301 P1000302 試合後の両チームのサポーター。

P1000304 挨拶する宮尾選手とかです。

仕事の都合で遅れて、メインスタンド前で「キックオフ」の声を聞いたこの試合。ツイッターで書きながらだったけど、風下の前半はとにかく退屈。

後半開始直後にミドルシュート食らって、近藤がはじいたところを壽が決めたことでMIOは守備重視、というわけでもなくその後もゲームは支配してた。ミドルに近藤ファンブルであわや追加点なんてシーンもあったし。

決定機もVVNは後半にあった福嶋ミドル→GKはじく→有光が宇宙開発、の1本だけだったかな。本当に見せ場さえない負け試合。ドローに持ち込んだことを、良しとしなければならない試合で、開幕3連勝はならず。これでJFLに全勝が早くもなくなった、という試合でした。

ポジティブ(◎´∀`)ノに考えると、「この『ないようがないよう』という内容で勝ち点取れているから、チームとして連携やまとまってきたらどんな強いチームになるのか、楽しみ」。

ネガティブ(・A・)に考えると、「パスサッカーを標榜するチームが陥りやすい罠だけど、パス回しが手段ではなく目的と化する。今のVVNはまさにそうなってる。シュートやゴールへの意識が致命的に欠けてないか?」「というか、開幕ダッシュといってもホームでロック、アウェイでジェフリザに勝ってホームでMIOにドローって去年の対戦成績と一緒じゃねーか。むしろ内容は悪化してないか」

次節は昨年終盤から好調の町田ゼルビア。今期の試金石となる試合だけど、正直、この状態じゃかなり厳しい結果が予想されるか、と。町田とのいつもの結果=ドローに持ち込むためにも、選手が相当がんばらないといけないんじゃないかな。

厳しい、といえば、この試合の観客動員は2112人と、あっさりと3000人割り。正直、営業不足だな。私もようやく今期のポスターもらったので、これもこれからがんばらないとね。俺も。

マッチデーの配布開始(ジェフリザ戦の画像は私撮影)もあったけど、最悪の結果だけは免れた、そんな試合でした。さあ、年度末進行がんばろう!!

|

« 勝手にJFL第3節(V・ファーレン長崎vsMIOびわこ草津)のご案内 | トップページ | 敗戦で得るもの JFL第4節 V・ファーレン長崎vsFC町田ゼルビア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/47937144

この記事へのトラックバック一覧です: JFL第3節 V・ファーレン長崎vsMIOびわこ草津:

« 勝手にJFL第3節(V・ファーレン長崎vsMIOびわこ草津)のご案内 | トップページ | 敗戦で得るもの JFL第4節 V・ファーレン長崎vsFC町田ゼルビア »