« AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その1「出発前」 | トップページ | AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その3「ヨハネスブルク到着・ショッピングモール」 »

2010年8月17日 (火)

AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その2「飛行機28時間」

6月17日、いよいよ出発。道中は文章としてはこっちにとりあえず書いたので、補足や画像などで。

CX511 福岡10:50→12:15台北13:15→香港15:00

・出発カウンターでTV3局の取材を受けた映像が結構流れたそうで、TNCのアナはわかったけど中にKBCがいたのかな?それは長崎にも流れたとか?

P1330422 台湾到着直前に検疫ビデオが流れるけど、検疫官役の女性がかわいく個人的に好みだった件について

P1020984 CXの機内誌に載ってた「アジアベスト10」というのはこれ

台北経由となってるけど、台北では「そのまま機内で1時間待つ」、「手荷物もって降機して搭乗待合室・ラウンジへ(ただし乗り継ぎ扱いとなるので手荷物検査あり+液体持ち込みの制限あり)」の2つの選択肢。また、国際線実質2区間なので、機内食も2食でます。さすがに台北-香港は1時間45分程度なのでパン+飲み物でしたが。

P1020969 P1020981 機内食・左が福岡→台北、右が台北→香港

9W75 香港19:15→ムンバイ23:05

P1030001_2 P1030002 今回のさぽ村ツアー、メインの航空会社は結局インドのジェットエアウェイズを利用。最初はエミレーツと交渉してたらしいけど、最終的にどうも日本に就航してなくて、日本に営業拠点があってヨハネスブルクまで飛んでいる、ということで、少しでも安く、ということでなったみたい。どんな会社かと思ったけど、運賃によってはANAとマイル提携とか成田ムンバイ線はコードシェアもやってるそうで(私の運賃ではHKG-JNBはマイル積算外)。

香港まで来ると、日本じゃ見ない航空会社が多くて、行きだけ利用できたエールフランスのラウンジも同じインドのキングフィッシャーやケニア航空と共通。キングフィッシャーはワンワールドに入るみたいね。

で、空港散策してからラウンジに入ったら、東京からの参加者と合流。そこには電撃ネットワークの南部虎弾氏の姿も。そこでシャワーも浴びて、サッカー談義もして搭乗。

P1030024 意外と?各座席に個別ビジョンついてたけどガイド誌がなかったので、プログラム探したところ、南アに行く前に見たほうがいい、と各所で言われた映画「インビクタス」が入っていたので吹き替え字幕無しの英語版だったけど鑑賞。内容にも感銘受けたけど、舞台となった1995年のラグビーワールドカップといえば日本対オールブラックスの145点」、これ、ちゃんと劇中にも出てくるんですよね・・・・・・・映像ではなくセリフで。

決勝のエリスパークに向かうネルソン・マンデラが車中で相手=オールブラックスについてレクチャーを受けるシーン。「・・・・日本戦は145-17」「145点!?1試合で?」という感じで・・・・・。

その会場がブルームフォンティーン。そう、今大会でのカメルーン戦の会場でした。

P1030031 機内食だけど、2つの選択肢あったらしいけどインド訛りの英語が聞き取れなかったら、出されたのがこれ。もちろん激辛カレーの機内食!チキンとベジタブルという選択肢だったかな?ビーフが最後までなかったのはインドらしい、と。

もっとも、アフターミントという小袋がついてきて、これを口にするとあら不思議、お口すっきり、というもの。

9W242 ムンバイ2:05→ヨハネスブルク7:25

ムンバイ空港での乗換えが参った。深夜なのに猛烈な蒸し暑さ、多くの乗り換え客で、それまでの他空港より遥かに厳しいチェック。なんせ、手荷物検査に加え、お立ち台にあがってのボディチェックまで、それも男女別(中東も近いのでブルカ姿の女性も多いので、男性の見えない場所で女性がチェックすることもある雰囲気だった)。

しかも、検査場にいるのは警備員に加え、明らかにインド軍隊の兵士も。しかも、自動小銃持ってるんだよ

さらには、手荷物のすべてに荷札(航空会社スタッフが配る)つけて、検査したらそれにスタンプ押して、搭乗口ではそのスタンプをさらにチェック。国内線の路線によっては手荷物機内持ち込み禁止みたいで、緊迫したまんまのインド・パキスタン情勢を実感。結局検査場抜けるのに1時間かかった。

実感といえば現地時間0時回ってるのに空港内はインド人、サリーやブルカ姿の女性も沢山でとにかく人だかり。カフェでチャイ飲みながらスイスvsスペイン見て時間つぶしも、この清算(3ドル)がUSドル。免税店もUSドル表記で真夜中なのに世界各国にどんどん出発していく(日本の空港とは大違い!)。短い乗り換え時間でしたが、インドのパワーを実感しました。

P1030046 P1030050 ヨハネスブルク行きは香港便より空席が多かったので、2席横並び確保して映画も見ずにゆっくり寝ました。

P1030056 P1030057 まあ、機内食2食はちゃんと食べたわけだがw特に右の朝食は味付けは激しく微妙だったが(塩コショウかけりゃよかった)。

P1030059 こうして、マダガスタル上空で夜が明け、福岡空港を離陸して約28時間でヨハネスブルク・ORタンボ空港に着いたのでした。

つづく

|

« AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その1「出発前」 | トップページ | AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その3「ヨハネスブルク到着・ショッピングモール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/48903795

この記事へのトラックバック一覧です: AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その2「飛行機28時間」:

« AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その1「出発前」 | トップページ | AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その3「ヨハネスブルク到着・ショッピングモール」 »