« 逆転勝ちの夜 | トップページ | 2011年10月2 3日15時54 分、新潟の空の下 »

2011年10月 2日 (日)

美学。JFL後期第10節V・ファーレン長崎vs ホンダロックSC

美学。JFL後期第10節V・ファーレン長崎vs<br />
 ホンダロックSC
美学。JFL後期第10節V・ファーレン長崎vs<br />
 ホンダロックSC
V・ファーレン長崎1-1ホンダロックSC
今日の試合、ホンダロックにしてやられたなぁ。最初から前線からの激しいプレスに中盤が混乱してチャンスすら作れず。決定機もロックが多かった前半。
後半、有光がPK決めてたら展開変わっただろうが、まさかの失敗!それまで潰されまくってたとはいえ、ねぇ
中盤、特に中井はどうしたんだろ?細かいパスミス連発して中盤落ち着かせることができなかった。
中井に代わって投入された由紀彦は指示通りワイドに展開してからいきなりチャンスメイク。ロックの足が止まったのもあったが、もうちょう投入早くてもよかったかも。
終了間際に由紀彦のピンポイントCKを水永がヘッドであわせて先制したから、その1点を守るセオリーもあるけど、佐野監督の指示は「追加点」。
最後の交代が有光→中山のFW交代だが有光が削られる前には用意してた。しかも中山に対する指示もNBCラジオ生中継によるとゴール。そこに守備固めという思想は無し。
90分に2試合連続でCKから失点して今日は追い付かれて、終了間際の長崎のCKもロックGKのスーパーセーブもあり勝ち越せず終了。優勝狙うためには痛い結果だが、チームとしてぶれてないのはよくわかった。
まあ、佐野サッカーの美学に今日は殉じたかな?先制するまでの内容も悪すぎたし、仕方ないかな?

さて、今日の試合前には有明SC、国見FC、V・ファーレン長崎OBによるOB戦が開催されました。長崎にJリーグを、という夢のために自らのチームを差し出すことを決断した男たち。
有明SCや国見FCのOBのプレーはほとんど見たことなかったけど、ピッチやスタンドには公式戦とは全く違うなごやかな雰囲気が。
V・ファーレン長崎としての歴史はまだ7年だけど、有明SCからのパスは繋がってるんだなぁ、と思うと共に、こんなイベントが出来た事は大変嬉しかったです。
さすがにまだ現役が多いV・ファーレン長崎OBが圧倒したりしたけど、最後には今日が誕生日だった原田武男を手荒に祝福したりしてwww
また、いつかやってほしいイベントでした。

|

« 逆転勝ちの夜 | トップページ | 2011年10月2 3日15時54 分、新潟の空の下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/52893177

この記事へのトラックバック一覧です: 美学。JFL後期第10節V・ファーレン長崎vs ホンダロックSC:

« 逆転勝ちの夜 | トップページ | 2011年10月2 3日15時54 分、新潟の空の下 »