« 2011年10月2 3日15時54 分、新潟の空の下 | トップページ | JFL後期第15 節 MIOびわこ草津vs V・ファーレン長崎 »

2011年10月30日 (日)

JFL後期第13 節カマタマーレ讃岐vs V・ファーレン長崎

JFL後期第13<br />
 節カマタマーレ讃岐vs<br />
 V・ファーレン長崎
JFL後期第13<br />
 節カマタマーレ讃岐vs<br />
 V・ファーレン長崎
カマタマーレ讃岐 1-1 V・ファーレン長崎
前半、左サイドの崩しから神崎のゴールで長崎が先制するも岡本に1対1を決められ同点での折り返し。
後半は金山の好セーブや佐藤由紀彦の正確な(これまでで一番じゃないか?)クロスで何度も長崎が勝ち越しのチャンスつかんだが、ゴール無きまま試合終了。
生島(香川県営サッカー・ラグビー場)での今期最終戦は優勝目指す長崎、Jリーグ昇格狙う讃岐ともに痛い引き分けに。

島原でのホンダロック(1-1)、駒沢での天皇杯の東京ヴェルディ(7-1)、ユアスタでのソニー仙台(1-1)、佐世保でのアルテ高崎(1-2)と10月に入り勝ち星から見放されているV・ファーレン長崎。J2最強の得点力を誇る東京ヴェルディ相手に攻めを選んだ天皇杯は、まあ、とりあえずはともかくとしても、それ以外のJFLリーグ戦は歯車が噛み合わず、特にここ2試合は非常におかしな試合。
しかし今日は、GK金山とCBの連携不足(てか、声掛け合えよ)は見られたけど、それ以上に、特に後半は攻める姿勢が見えた。由紀彦が入ってからは讃岐のカウンターにはヒヤヒヤとしたけど、いつゴールが決まるかワクワクする試合。
てか、水永のシュート、あれゴールライン割ってたよな。GKの背中越しに副審が見る場所だったからわかりにくいけどさ。

そんなこんなでドロー。選手や監督の表情には、これまでとは違う手応えみたいなものも読み取れた。
しかし、他の選手がロッカーに下がるなか、佐藤由紀彦だけは独りベンチでしばし頭を抱えてた。それを見てた他の観客から心配の声もあったんで、出待ちして聞いたけど、彼なりに悔しさを感じてのこと、みたい。
まあ、惨敗、混迷、手応え、色々ありつつ結局は今月未勝利だからね。。。。。
次節・ソニー仙台戦(11月3日、佐世保)は復興支援試合(リーグ戦にはカウントせず、ソニー仙台が勝ち点得たら残留ポイントに加算)。6日にアウェイ琉球戦があるから、どんなメンバーで臨むのか。佐野監督だから大胆にメンバー変えるだろうけど、チームとして今日の流れを立ちきらず、勝ちに行ってほしい。ホームだし。

試合後のスタジアム外は、この日出場したカマタマーレ讃岐の選手が観客を見送りつつサイン攻め。Kyuリーグ時代にV・ファーレンが失った光景が。
この日ベンチ入りしたが出番なかった福嶋もいて、サポや長崎の選手からいじられまくってましたw。
でもね、フクの笑顔を見て、香川での生活が充実してるんだろうな、と、こっちも嬉しくなりました。

2008年の地域決勝(吉澤とか岡本とかその試合を知ってる選手出てましたね)があり、去年の地域決勝後に羽田空港のJALラウンジでカマタマーレ讃岐のユニフォーム着た方と会い、再会を約束したら、その方が翌日JFLからの昇格電話を受けていたwwwww(当時社長・現会長)ということもあり、今年一番行きたかったアウェイ。
個人的にいろんな事がありすぎて疲弊しまくっての遠征でしたが、ことでんの旧型車両ラストランもTwitterで教えていただきましたし、勝てなかったのは非常に残念だけど、行って良かった。
さ、あとは俺自身が頑張りまくらないとね。うん。生き延びよう!

|

« 2011年10月2 3日15時54 分、新潟の空の下 | トップページ | JFL後期第15 節 MIOびわこ草津vs V・ファーレン長崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/53122193

この記事へのトラックバック一覧です: JFL後期第13 節カマタマーレ讃岐vs V・ファーレン長崎:

« 2011年10月2 3日15時54 分、新潟の空の下 | トップページ | JFL後期第15 節 MIOびわこ草津vs V・ファーレン長崎 »