« 20年、9年、そして1年 | トップページ | 長崎県総合運動公園陸上競技場へのアクセス、個人的まとめ »

2013年3月 3日 (日)

手応えと悔しさと勝ち点1と。2013J2リーグ開幕戦 ファジアーノ岡山vsV・ファーレン長崎

こんなにやれるもんなのか、な前半
こんなに押し込まれるか、な後半
前半、佐藤洸一の初ゴールには沸き返ったが、ラストがね。
1-1のドローは内容考えれば妥当、アウェイという事考えたら上出来とは思うけど、今後次第かな

undefined

undefined

undefined

undefined
新加入選手のプレーは初めて見る状態だったし、連携もまだまだ(前半は小笠原と幸野の右サイドより古部と神崎な左サイドの方がはるかに機能してたし)。ただ、光るプレー、苦しいプレー色とりどり見られたからね。
まあ、ホーム開幕戦の相手が相手なだけに慢心はしないだろうけど、これからだね。
しかし、後半最後、これだけ時間長いなと感じたのは久々。逃げ切れれば良かったけどさ。。。
ま、手応えと悔しさと勝ち点1を持って帰りましょ。普通電車でw(さすがに広島からは新幹線)

ファジフーズ食べ過ぎた(汗)

|

« 20年、9年、そして1年 | トップページ | 長崎県総合運動公園陸上競技場へのアクセス、個人的まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/56880424

この記事へのトラックバック一覧です: 手応えと悔しさと勝ち点1と。2013J2リーグ開幕戦 ファジアーノ岡山vsV・ファーレン長崎:

« 20年、9年、そして1年 | トップページ | 長崎県総合運動公園陸上競技場へのアクセス、個人的まとめ »