« 手拍子でV・ファーレン長崎を後押ししてみませんか | トップページ | 不思議な歴史は繰り返す 2013J2リーグ第42節 V・ファーレン長崎vs徳島ヴォルティス »

2013年11月22日 (金)

手拍子でV・ファーレン長崎を後押ししてみませんか

いよいよ今年のJ2リーグも最終戦を残すのみ。

V・ファーレン長崎は4位、誰が想像したかこの順位。
しかし、最終戦は徳島に「負けたら終わり」という状況。
勝ち越しているホームで出来るのは利点だけど、まさにクラブ史上に残る大一番。
 
ところで、日本や韓国のクラブを渡り歩き、「昇格請負人」とも呼ばれ現在は奈良クラブにいる岡山一成選手が、講演会でこのようなことをおっしゃっていたそうです
(以下引用)
「先ず選手ってのは確実に、3千人の前でプレーするのと、1万数千人の前でプレーするのとでは、モチベーションが違うのは理解してください。そこで何と無く観てる人よりも、ほんまに応援する熱い想いを共有してる人達が居てるっところってのは違うんです。
何が違うかって、もう『後押しされてる感』が全然違うんです。

ただ時間潰しに来てる人達が1万人居るのじゃなくて、そこに居る全員がそのチームを応援しようとしてる時は本当に違います。
そして、アウェイに乗り込んで1番選手として嫌なのは…

『手拍子です』

あの手拍子ってのは、相手ゴール裏の一角から来るものには正直選手は慣れてるんですよ。あの一角から何かの圧力が来るなって対処できるんです。それがスタジアム全体となると話が変わってきます。その相手ゴール裏と一緒になってスタジアム全体で手拍子されると、大袈裟でなく身体の感覚が狂ってくるんです。

これは本当に選手じゃないと分からん、体感した人しか分からないって言うと上から目線になっちゃいますけど、ほんまなんです。

その一角だけの圧力だと、まぁ『騒いでるな』くらいにしか思わないんですけど、スタジアム全体となるともう…。

選手って周りを見てパス出したりするんですけど、それだけじゃなくて、選手同士の声や感覚も重要で、『こっちや!』とか『あいつケアしろ!』とか細かい指示を掛け合ってプレーしてます。それがスタジアム全体の手拍子でその伝達が一切遮断されてしまうんです。

だから、ワンプレー、ワンプレー確認する事が必要になってきますし、それが相手が攻めてきて手拍子がワーっとなったら、やっぱりこっちは軽いパニックになってしまうんです。そこから一つのミスが、判断の遅れが積み重なって、どんどん相手のペースになっていくんです。

だから、僕はホームの時にはサポーターだけじゃなくて、今はただの観客でも、この先サポーターになり得る人達にも一緒に手拍子して欲しかったんです。」
(引用終わり)
もう15年前ですかね、博多の森での「神を見た夜」。あの夜、メインスタンドで旗振ってましたが、90分の表示が消える前後から、それまで寒さもあって静か目だったメインスタンドからも、シーズンでもそれまで経験したことないような大きな手拍子が巻き起こったんです。あの雰囲気が川崎フロンターレのわずかなミスと山下のゴールを呼び込んだと、今でも思ってます。
 
 
私がそうしてない以上、立ち上がって飛べ、とは言いません。歌え、とも言いません(やってくれる方は是非)。
 
でも、9年目のシーズン、V・ファーレンの、いや、長崎の歴史を変える大一番。
ぜひ、手拍子で選手を後押ししませんか。
バックスタンド、メインスタンド、ゴール裏の三方から拍手が巻き起こり、それがピッチに降り注げば、今まで経験したことのないプレッシャーを受けている選手のこれ以上ない後押しになる。そう信じます。
 
11月24日(日)12:30キックオフ、J2リーグ第42節、V・ファーレン長崎vs徳島ヴォルティス
 
スタンドから、手拍子で後押ししませんか。
 
プレーオフに、J1に行きましょう

|

« 手拍子でV・ファーレン長崎を後押ししてみませんか | トップページ | 不思議な歴史は繰り返す 2013J2リーグ第42節 V・ファーレン長崎vs徳島ヴォルティス »

コメント

3千人のお客さん前では勝って、1万人のお客さんの前では必ず負けるチームもいるんで、ほんと困った物ですね。

今後は招待禁止を提言していきたいと思います。

投稿: 通りすがり | 2013年11月25日 (月) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147336/58624320

この記事へのトラックバック一覧です: 手拍子でV・ファーレン長崎を後押ししてみませんか:

« 手拍子でV・ファーレン長崎を後押ししてみませんか | トップページ | 不思議な歴史は繰り返す 2013J2リーグ第42節 V・ファーレン長崎vs徳島ヴォルティス »