2013年5月16日 (木)

2013J2リーグ第15節、V・ファーレン長崎vs京都サンガFC@長崎市かきどまり陸上競技場、個人的まとめ

 5月15日に記念日を迎えた20年目のJリーグ、5月19日のV・ファーレン長崎vs京都サンガFC戦は史上初めて長崎市で行われます。ピッチサイズが小さくて、Jリーグからはダメだしされてたんですが、よく開催できるようになったな、とまずは感謝。いつもの諫早の県総合運動公園は長崎陸上競技選手権大会が行われるんだそうで。

 V・ファーレンの公式サイト、細かいところまで見てなかったけど、「いまだにチケット概要のページが準備中」とかあまりにも酷すぎるし、4月にリニューアルという話(直接聞いていた)→連休明けに→今時点でいまだにリニューアルされていない、という惨状って、観客数が少ない言う以前の問題でユーザー視点なさすぎだろう、ということで個人的にちょっとまとめてみました。
P1150983 (この画像は去年6月、現在は照明塔がついています)
試 合 名:2013 Jリーグ ディビジョン2 第15節
対戦カード:V・ファーレン長崎vs京都サンガFC
開 催 日:2013年5月19日(日)
開場時間:11:00(シーズンパス10:30)(これは今シーズン実績から予測です)
キックオフ:13:00
アクセスV・ファーレン公式からの案内はこちら 。運動公園の駐車場は利用しないようにとのこと。
長崎魚市跡地に800台駐車場設置。そこからシャトルバス(往復400円、復路のみ200円・小学生半額)。行きは朝9時から
場所はJR長崎駅・アミュプラザのすぐ南側なので、JR、高速バスで長崎入りする方も、このルートがわかりやすいかもです。
「市民プール前」から。市営駐車場も近くにあり。片道200円。10:30から運行。
長崎新地、長崎駅前から系統番号3番の相川、大見崎、番号無しの相川行きで「長崎市運動公園」下車、大体1時間に3本。
なお、長崎バスのICカードは「長崎スマートカード」という独自カードです。Suica、ICOCA、SUGOCA、nimocaなど全国共通の交通ICカードは使えません。
 
セブンチケットでの扱いはありません。セブンイレブンでは「チケットぴあ」経由で買えます。
ローソン、ファミリーマートでも買えますよ。
メインスタンド中央がS席、メインスタンド両端がA席、バックスタンド、ゴール裏がB席です。
この試合限定情報
・S席は座席指定ではなくゾーン指定(指定されたエリア内で自由席)
・諫早の県総(今年の長崎ホームゲーム)と違い、メインスタンドから見て左側(電光掲示板のある側)がV・ファーレン、右側がサンガ側。
バックスタンド、ゴール裏のB席は芝生席です。敷物があると便利。
いす席を希望される場合はS席かA席にしましょう。
 
ちなみに、「当日すぐ使えるBバックスタンドのチケット2枚」「特製タオルマフラー」「ポイントカード」がついてグッズ5%引きになるファンクラブもあります。総額4400円。当日入れますよ。会員専用抽選会もあったりするので、これおすすめ。
 
①長崎市特産品販売ブース
②長崎市特産品&V・ファーレングッズ抽選会
③資源回収活動。リンク先をご覧ください。
このほかにも、このブログ書いている時点で出てませんが、間違いなく飲食売店も多数出ると思いますので、極端な話、バスで会場に行きさえすれば、その場でチケット、食事、グッズ全部入手できますよ。
 
なお、この試合はNBCラジオで生中継されます。radikoでも聴けますが、タイムラグがあるので、会場で聞く場合はラジオ本体で。おそらくレンタルもあるはずです(保証金1000円)。
 
また、長崎市には「長崎プラチナパスポート」という観光セット券がありますが、V・ファーレン長崎の観戦チケットを長崎駅構内の総合観光案内所に見せると100円引きになりますよ(試合前日~試合翌日まで)。遠征でこられる方はぜひ。
 
ここまで11試合負けなしのV・ファーレン長崎+去年無敗の長崎市かきどまり、史上初、今年唯一の長崎市開催です。盛り上げて勝利をつかみましょう!
では、当日、かきどまりで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月30日 (月)

4/29 JFL第8 節カマタマーレ讃岐vs V・ファーレン長崎とかバスツアーとか

4/29 JFL第8<br />
 節カマタマーレ讃岐vs<br />
 V・ファーレン長崎とかバスツアーとか
4/29 JFL第8<br />
 節カマタマーレ讃岐vs<br />
 V・ファーレン長崎とかバスツアーとか
4/29 JFL第8<br />
 節カマタマーレ讃岐vs<br />
 V・ファーレン長崎とかバスツアーとか
先週22日の前節、島原での佐川印刷戦は、時には6バックで守ってからのカウンターを徹底する相手にしてやられてのスコアレスドロー。
疲れたしがっかりしたんでブログもサボっちゃった(-_-;)
そしていよいよやって来たゴールデンウィークのアウェイ3連戦!
まあ、栃木ウーヴァ戦の5月3日がかきどまり、島原ともに陸上競技の大会が入ってるだけに、会場確保出来なかったためだけどさ。勝ちきれなかった試合のあとだけに、この連戦は正念場。
今回の讃岐戦、V・ファーレン長崎として初めてじゃないかな?九州以外に応援バスツアーが出たんで、それに乗っていってきました。
長崎駅前集合が午前3時50分の4時発(汗)だったんで、それまで久々にネットカフェに。いやぁ、今はブース内で飲食できないのね。仮眠しても寝過ごしそうだったから寝ずにYouTube三昧してからバスツアーへ。ラッキーバスの日野セレガ新車で快適だったから、当然ながら車中では寝たり起きたり、と。
当初設定の丸亀競技場到着予定時間がキックオフ一時間前の正午だったんで、ゴールデンウィークの渋滞や事故での遅れを危惧してたけど、通行量多い程度でそれも無く11時30分には無事到着!
カマタマーレの会長さんに挨拶したり、丸亀市が売り出してるらしい骨付鳥肉や、言うまでもなく讃岐うどん(普通の他に釜玉焼きうどんなんてのを焼き肉店の出店が出してたw、キムチ味で辛かった)食べたりして、Jリーグ準加盟同士の直接対決へ。

試合は57分、水永の切り崩しからのシュート性な強い横パスを中山が詰めて決めた1点を守りきってV・ファーレンが勝利\(^-^)/
前半、中山の直接FKやマイケルのシュートがポストに嫌われ、前節の佐川印刷戦もクロスバー2回、ポスト1回嫌われてたことから非常に嫌な感じだったけど、讃岐に決定機らしい決定機をほとんど与えることなく(終了間際のゴール正面からの綱田の直接FKぐらい?あれも左に外れたし)勝ちきりました。
まあ、言い出せばキリはないけどさ。焦って前がかりになってる讃岐相手に、単純に縦に放り込むんじゃなく焦らすプレーできなかったかな、とかさ。ま、いいや。
讃岐はテレビ生中継があったとはいえ、ゴールデンウィークのJリーグ入り争う直接対決で入場者数2730人かぁ。ちと気になった。ボランチのアンドレア動きが長崎の右サイドからの攻撃を封じてたり良かった点もあったけどさ。
まあ、V・ファーレンとしたら、アウェイ3連戦の最初を勝利して勝ち点16で首位の長野、2位の讃岐に並んで得失点差で3位になった点で大きな結果(5位まで勝ち点並んでるが(汗))!
連戦は栃木ウーヴァ、琉球と曲者揃いだけど、勝ち抜きましょ!
そんな感じで、讃岐うどんとか土産買いまくり帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

佐世保市営陸上競技場(佐世保市総合グラウンド)へのアクセス2011年版

P1100523
JFL公式やV・ファーレン長崎の公式サイトに佐世保会場へのアクセス案内がいまいち不十分で、なおかつ公式戦開催時のシャトルバスに不手際が多いというクレームもあるとのことで、ならば、ということで私なりにアクセス案内をまとめてみます。
なお、情報は2011年7月現在です。
ちなみに、古い記事だと2009年5月に書いてますが、基本情報は変わりません。
P1100365
(注:さすがにこの電車はもう走っていません。2011年6月25日の「さよなら485系みどり」運転時の画像です)
・佐世保駅へ
JRの特急「みどり」、快速「シーサイドライナー」など全列車の終点です(佐世保が終点じゃない列車は1日1往復のみ))。
および長崎・福岡・福岡空港・熊本・大阪・名古屋からの高速バスや、長崎空港からのバスが着くバスセンターは道の向かい側です。
長崎空港から出ている「乗り合いジャンボタクシー」は佐世保駅みなと口を発着地にしています。
ホテルはハウステンボスや観光ホテル以外は基本的に佐世保駅周辺と、そこから近い(徒歩でも15-25分、バス停だと2~4つ)繁華街の「京町~松浦町」周辺に集中しています。
 
①MR松浦鉄道で
佐世保駅から松浦鉄道で12番目の「大学」駅下車。ちなみに、佐世保駅を発車する松浦鉄道の列車は全列車止まります。佐世保から340円。日中は30分間隔であります。
松浦鉄道の乗り方はバスと同じ。後ろ乗り前降り。乗る時に整理券を取って、降りるときに整理券と運賃を運賃箱に入れる。
ICカードは長崎スマートカードのみ利用可能です。Suicaなど電子マネーは利用不可。
佐世保・佐世保中央駅などには早朝・夜間を除いて自動券売機もあります。
佐世保駅は早岐発着の1日1往復を除いて、松浦鉄道ホームから発着します。
 
P1100503_3
さて、築堤上にある大学駅で降ります。無人駅です。

P1100504
ホームには下に下りる階段が2つありますが、列車下りて左側・鉄橋のある側(トイレが遠いほう)の階段を下りましょう。
 
P1100508
降りたところに「相浦中学校前」のバス停があります。ここを右に進みましょう。

P1100510
あとはひたすらまっすぐ進めば6,7分で着きます。
 
P1100512
なんですが、道路の左側にはV・ファーレン長崎のスポンサー様であるスーパーの「エレナ」様があります。100均もあるので、飲食品などいろんな調達はここがお勧めです。というか、会場周辺にコンビニはない(以前近くにあったコンビニは閉店)ので、ここが最後のポイント。クレジットカードや電子マネーは使用不可。また、銀行ATMがあります。
あ、スタグルもよろしくね。
 
P1100514_2
まっすぐ進めば右に「長崎県立大学 佐世保校」があります。「佐世保校」というのは、「シーボルト大学」と合併したので別にキャンパスもあるんで。「大学駅」の「大学」はここのことです。
 
P1100517
その先には「HAPPYバーガー」があります。佐世保バーガー認定店。マヨネーズが数種類あって選べるのが特徴です。あとクレープもおいしいですよ。

P1100516
お店の前には「長崎県立大学前」バス停もあります。
 
P1100518
横断歩道を渡ればもうすぐです。右側のフェンスの向こうに見えます。

②路線バスで
最寄バス停は「総合グランド前」です。もっとも、佐世保駅方面からだと次のバス停になる上記「長崎県立大学前」バス停のほうが陸上競技場には若干近いかと思います。料金は同じ340円です(日野経由の場合)。
佐世保駅バスセンターからの乗り場は・・・・案内板でご確認を各自よろw
「日野経由相浦桟橋」など日中は合計で1時間に6往復程度あります。基本「日野」経由が多いです。
バス時刻表はこちらが非常に便利なので使ってみてください。携帯版もあります。
なお、佐世保市内には路線バスの運行主体が2つあります。
クリーム色のが「佐世保市営バス」、銀色のが「西肥バス」です。さいひばす、と言います。
このうち、佐世保市営バスだと一日乗車券が500円で買えます。佐世保駅前から片道340円なんで往復だけでも元が取れます。
いずれも中のり前降り後払いです。乗る時に整理券を取って降りるときに払ってください。ICカードは長崎スマートカードが利用可能です。SUNQパスは両社とも利用できます。
P1100522
さて、総合グランド前バス停で降りると目の前は野球場、そのまままっすぐ歩くと左側に恐竜の人形というかが前にある消防署があります。ここを左に曲がればもう到着です。途中にお店はないぐらい近いです。
バスには路線系統番号などなく(私も何度か公の場で提案したんだけどさ)観光客の方には難しいかもしれません。
あ、日野経由だと途中に「鹿子前入口」というバス停があります。ここから15分程度歩けば(時間によってはバスもある)西海パールシーリゾートです。SSK経由のバスに当たれば近くを通ります。
 
なお、長崎空港や福岡・福岡空港から佐世保行きのバスだと、「松浦町国際通」というバス停に止まる便があります。福岡線は一部が終点になってます。このバス停だと、同じバス停から総合グランド・長崎県立大方面のバスも出るので、わかりやすく、佐世保駅からも近く運賃も安くなったりはありますが、よく下調べしたほうがいいでしょうね。

※佐世保市には「長崎国際大学」というバス行き先表示もありますが、これはハウステンボスそばにあって、場所がまったく異なります!!!!!ご注意ください。

③直行シャトルバスで
V・ファーレン長崎の公式戦のときは、会場まで直行シャトルバスが出ます(2011年7月現在)
乗り場は「エスプラザ前」とあります。
ここ、佐世保駅の観光バス発着場所として、ツアーとかだとよく案内されるんですが、市外県外の方にはわからないですよね。

P1100518
佐世保駅には改札を出て、左右に出口があります。このうち、右側が駅前広場です(左側はみなと口)。
右側に出ましょう。すると、この光景。なお、ヴィヴィくんは普段はいませんw

P1100518
駅前のタクシー乗り場とかにでれば、右に見えるビル方向へ行きましょう。なお、画像処理の関係でここ2枚は上下につぶれた画像になってますが、実際はもうちょっと高いビルです。

P1100398
横断歩道の手前、お菓子屋とかレストランとか1階が商店になっているビルが「エスプラザ」です。
画像中央、タクシーが止まっているところが若干路肩が広くなっていて、ここがバスの発着場所になります。
なお、横断歩道をはさんだ左側のビル1階が「西肥バス佐世保バスセンター」です。

なお、駅構内はフレスタSASEBOという小さなショッピングモールになってて、スーパーエレナ(9:30-24:00)やキヨスクなど、観光案内所もここにあり。バスセンターにも売店もあり、近くにファミマもあります。

④車で来る場合
西九州自動車道「相浦中里」ICで降りて、突き当りを右に進んで後はひたすら道なりにいけば、上記①に書いた「松浦鉄道のガード」をくぐります。そうしたらもうすぐです。
西九州道は佐世保中央ICまでが有料(無料化社会実験は終了)、その先は当初から無料です。
なお、駐車スペースには限りがあります。野球場周辺は止められないので(ファウルボールが直撃するから)
というか、他のイベント・大会やプール利用者で混み合うのでご注意ください。
 
もしお越しいただく方の手助けやイメージつくりに少しでも役立てば幸いです。
では、試合会場でお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その11「日本vsデンマーク戦」

グダグダ更新してきたこのシリーズも、これでようやく最後。この試合については、いまさら私が言うこともないので、ビクトリアの滝で壊れたデジカメに変わって持参してた予備カメラでの基本画像中心で。あ、帰国後に旅行保険で無事修理できました

P1000092 P1330069 行きのバスでテレ朝「報道ステーション」の取材が。一瞬だけ映ってましたw

P1000098 P1000102 サービスエリアで売っていたアイス

P1330084 P1330092 P1330099 入場前

P1330100 P1330102 P1330103 P1330168 P1330187 試合前の光景あれこれw、これでもごく一部。日本代表ユニを着た子供らがデンマーク紳士に向かっていくなんて姿も。聞いたら、元ヨハネスブルク駐在員の子供と同僚の南ア人の子供とかだったそうで

P1000170 P1330203 試合直前

前半30分過ぎP1000169P1330213 遠藤のFKのbefore after

P1330233 ザクミ、ああ、今はどこで何を・・・・・

P1330245 今回の遠征で、一番印象に残ったシーン。後半25分、現地の方が率先して日本コールを始めた瞬間。日本代表の戦いぶりと応援が現地の方に認められた瞬間を目の当たりにして、涙腺が・・。

P1000168 P1330270日本3-1デンマーク、この瞬間、海外開催でのW杯で初のベスト16決定。

P1330319 P1330338 グループリーグ突破、と実際に「突破」して祝いましたとさ

P1330342 日付が変わる直前に出発。本当にぼろいスタジアムで、人生でもう二度と行かないだろうけど、ルステンブルクのスタジアムは忘れられないスタジアムになりました。

P1000116 これは帰りのサービスエリアにあった、コーラやスプライトのボトルで作った南ア国旗

P1330356 午前3時前にホテルについて3時間後、朝6時過ぎののニュースキャスターはガーナとコートジボアール代表ユニを着て、アフリカのW杯を何とかアピール

P1330366 7時すぎにはチェックアウトして午前10時過ぎにはもう帰国の飛行機へ。感慨に浸るまもなく南アフリカにお別れ

P1330374 P1330378 P1330422 P1330437_2 ジェットエアでヨハネスブルク→ムンバイ→香港、キャセイで香港→台北→福岡と飛んで帰ってまいりました。

機内食や飲み物(あのぬるいジュースはなんだったんだろう?)CAがインド色満載だったジェットエアから東アジア人のCXのCA見て、どことなくほっとした私は東アジア人なんだろうな、とw

 

初めて見た日本代表戦が97年のフランスワールドカップ味さ地区最終予選、日本vs韓国だった私にとって、まず「ワールドカップを生で見たい」というのがあって2002年に達成。今度は「ワールドカップで日本代表戦を見たい」というのは2006年ドイツで達成(試合はアレでしたが)。そして今回、「ワールドカップで日本代表の勝利」を見ちゃったから、代表としては、一区切りついたかな、もうブラジルはいいや。

といいつつ、どーせと思われるんでしょうねwww

 

ブログはこれぐらいですが、思い出は一生消えることはない。ありがとう南アフリカ、ありがとう岡田ジャパン

P1330308 そして、さらば、南アフリカワールドカップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

AYOBA! SOUTH AFRICA~南アフリカ遠征その5「ダーバンへバスファイヤー事件」

P1030229 6月19日、オランダ戦当日。

ダーバン13時30分開始の試合に向けてヨハネスブルク郊外のホテルを朝5時だったかな?早朝出発。他社のツアーは国内線飛行機利用だったけど、とにかく安くが主題だったサポ村ツアーはバスで移動。それが、まさかあんなことになるとは・・・汗

P1030193 P1030217 ハイウェイからみる南アの夜明け。ツイッターでも流したところ好評でしたが、地平線に昇る朝日ってきれいだね。。

P1030200 バス最後尾からみる朝焼けのハイウェイ

P1030201 あれ?白煙?( ̄Д ̄;;  

このあと、後部からバタンバタンと大きな音がずっと車内に響き渡る。最初は後部にあるトイレのドアや便器のふたがバウンドして鳴ってるのか、と思ったけど・・・・・エンジンルームとは

P1030223 沿道には野生か家畜かわからないけど動物がちらほら。先乗りしていたサポやメディアが「高速道路に動物が!!」なんて書いてて、本当かいな?と思ってたけど、ハイウェイと草原を区切るものって無いか、あっても簡単なフェンスだけ。ガードレールなんてなし。確かにこれだと路上に入ってくるのもありえるな、と思う一方で、自己責任というものも感じたり。

でも、どうもスピードが出ない、周りの車にどんどん抜かれていく。後方からバンバンと大きな音が連続して、と思ってたら、11時ごろになってエンジン不調との案内があり、ついに長い上り坂を上れなくなり・・・・・白煙吐きながら走る大型バスということで通報あったのかパトカーもやってきたけど・・・・・

この時点で私含めて複数の人がツイッターで速報流し、植田朝日氏はニッポン放送に電話して、「ウルトラス、アウェイの洗礼」と日本でも広まる始末w

試合に間に合わない覚悟もしつつ、この状況を楽しもう、と半ばあきらめの雰囲気に(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

別のバス手配しよう、としつつ、ついに長い上り坂でストップしたものの、数分したら動き出した!その後もダーバンのスタジアムは海岸地帯なので、いつか下り坂になる、いつ下り坂になるか、とハラハラしつつ、携帯の電波も通じない地区に入りツイッター実況もできずにいらいらしてたら、低速+爆音鳴らしまくるまま12時20分頃にダーバン市内中心部に突入!!!!(治安的に・・・な場所なので、ここで止まったらどうなるか、とちょっと心配だったけどさw)

P1030244 12時22分、遂にスタジアムが見えた!!!!(注:キックオフは現地時間13:30・日本時間20:30)車内は安堵の雰囲気に。

P1030255 12:35分、到着!!!ここで燃えたら怖いので逃げるように(ウソ)wバスから降りてスタジアムへ

P1030251 ちなみに道路沿いの向かい側には、学校施設かわからないけど芝の広場に木のゴールマウスが。アフリカらしいと思って急ぎつつパチリ

P1030256 こうして、キックオフ1時間を切った時点でようやくスタジアム入りできたのでした。

試合の模様はつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

天皇杯、熊谷へのアクセスについて簡単に(臨時バス情報追加)

12月25日、天皇杯準々決勝のアビスパ福岡 VS FC東京の試合会場は埼玉県の熊谷。

私個人的には2007年の地域決勝(岡山、北九州、MIOがJFL昇格を決めた。ブログはこれとかこれとか)以来なんですが、多くのアビサポにはなじみの無い会場。

そこれ、ちょこっと調べてきました。(あくまでも私がさっと調べた簡単な方法です。他にルートあるかもしれません)

①羽田空港からの移動

羽田空港から熊谷は、上野からJR高崎線とか、東京から上越新幹線(止まらない列車がるので注意)とか、まあいくつか。空港高速バスもあるけど、熊谷行きは夕方以降、羽田行きは早朝と、熊谷地区在住の人向けのダイヤなので遠征には不向き(熊谷に泊まって翌朝羽田へ、という場合は使えるかも)

新幹線使えば1時間ちょっと、全部快速だと2時間見とけばいいのではなかろうか。

普通運賃だけでも片道で京急1680円、東京モノレールだと1580円

ですが、12月25日は土曜日、ということで「ホリデーパス」が使えます。しかも熊谷駅がエリアの北限。東京モノレールも使えて2300円で1日乗り放題。特急・新幹線も特急料金払えば乗れます。試合後、その日のうちに都内まで戻る場合はこれがお徳。

当日、「東京モノレールの券売機で」買いましょう。

②熊谷駅からの移動

本日時点でアウェイ(FC東京)側自由席は完売している模様なので、当日臨時バスが出る、とは思うのですが、路線バスの場合。

こちらに記載の通り、いくつかルートあります。

「くまがやドーム」行きは土曜日お昼だと11:55.12:45.13:35.14:10と14:40、約18分200円、終点下車すぐ。ホーム側だとこれが近そう。

帰りは17:00.17:30.18:00.18:30.19:05最終

「犬塚」行きで「陸上競技場入口」下車。熊谷駅11:50.12:50.13:29.14:19.15:00、約13分200円。アウェイ側はこれが近いか

まあ、タクシーでも1700円というのは覚えておいていいかも(地域決勝時は私もこれで帰った)

※12/9追記 「熊谷駅~くまがやドーム」路線が当日、臨時増便される、とFC東京のホームページで発表ありました。

 

遠征計画立てているサポ多いと思いますが、アビサポは今大会の勝ち上がりからわかってるだろうけど、天皇杯はPK戦があるということを念頭に、余裕持ったスケジュールを。

では、熊谷で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

放り込め JFL後期第5節ツエーゲン金沢vsV・ファーレン長崎(とりあえず速報版)

(疲れたので速報的に手短に書きます、時間と気力あればあとで追加します)

P1050254 選手入場

P1050279 ターのヘッド

P1050299 後半ロスタイム、もう少しで大逆転となった長崎の攻撃

P1050305 P1050311 試合後の模様

2-2.しっかし、本当に変な試合。立ち上がり15分までにアグレッシブな金沢の猛攻に2点奪われて、その後も80分までずっと金沢ペースだったのに、試合後の長崎の選手の表情は追いついた安堵より勝ち越せなかった悔しさのほうが。

そんな中、これまでのターニングポイントになるかも、というシーンが。

81分に佐野監督が指示した言葉。

「放り込め」

これまで、パスサッカーというコンセプトに殉ずるような試合展開が多々見られた長崎だけど、この日も同様、パスつなごうとするが3人目までつながらずに奪われる始末。森田を入れてもそのまんま。シュートすら打てない展開の連続。そんな中でのこの指示。

結果的にその後の2点ともFKからのゴールで、放り込みだったかと言われるとどうかだったけど、コンセプトに殉じずに結果をとりにいって、その結果勝ち点1をもぎ取れた、という点で、今後へのターニングポイントになるかも、という試合でした。

今後、ネタ追加があるかもしれません。 

(おまけ)

津幡運動公園陸上競技場ですが、ツエーゲンが出すバスは試合20分前到着というもの。他の路線バスにはこんなルートがあります。

津幡駅から津幡町営バス九折線で「倶利伽羅塾」下車(180円)そこから周りを見れば丘の上に照明塔(野球場かテニスコート)が見えるので、そこに向かって道路渡ってJR線くぐって緩やかな坂を約15分弱も登れば着きます。すぐわかります。

倶利伽羅塾は「道の駅」なので、コンビニ、レストラン、浴場(300円)、宿泊施設まであり、そこで飲食物も購入できます。

本数が1日5往復程度と少ないのですが、行きは津幡駅12:50→倶利伽羅塾13:06、帰りは倶利伽羅塾17:36が使えるかもね。なお、津幡駅は駅前にバスが入ってきますが(ツエーゲンシャトルバスは乗り場が違う)、本津幡駅前のバス停は駅から若干離れているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

リアリズム JFL 第15節 FC 琉球vsV・ファーレン長崎

とりあえず南ア行き前の国内最終戦なFC琉球戦、準備やなんやらで多忙になる、と予想してたので最初から日帰り
空港から北谷の会場まで120番系統で直接行くバスがあるのは知ってたけど、到着して直ぐに向かったら早すぎるので、そのままバスに乗って嘉手納でバス乗り換えて「道の駅かでな」またの名を「安保の見える丘」へ。
P1020744 P1020737 行ったときにはたまたま離発着はなかったけど、普通の空港以上に広大な敷地は圧巻。やはり考えさせられます。カメラ持った航空マニアも数人いたけど、家族連れも結構いたのはちと意外。
すぐに後戻りして北谷へ。去年同様にジャスコで買い出しして、開門前に到着。
すると、去年はなかったケータリングカーによる飲食物販売や、FC琉球の誇る2大キャラクターたるトルシエとぐしけんくん(仮)Tシャツなど多数。この日は北谷町民招待、ということもあり、開門時には長蛇の列。去年とは変わったね〜。
P1020750 P1020765 さて、改めて見てみると、試合前にとにかく目だったのはダンスチーム「琉球ボンバーズ」とマスコットのぐしけんくん(仮)。なんせ試合前だけでも
・開門時に観客お出迎え
P1020774 P1020816 P1020824 ・試合約60分前にピッチでダンス。これが小学生チーム、サテライト、トップと変わりつつ約15分。サテライトとトップには少しだけどソロダンスもあり。選曲にマイケルジャクソンはともかく、ピンクレディーや高中正義はちょっと吹いたがw
・スタメン発表前にボンバーズのメンバー紹介で全員登場
P1020859 P1020860 ・スタメン発表時にはボード掲示
P1020873 ・スタメン発表後にまた違う曲でダンス。約5分。
P1020877 ・選手入場の花道
P1020914 P1020938 さらに試合中にはゴール時に飛び出して、選手交代のボード入替や観客数発表の時には出てきてスタンドへ一礼。試合終了後も勝てばインタビューに寄り添い、最後も観客をお見送り。
Jリーグにもチアダンスチームは結構あるけど、ここまで出番の多い所はそうないのでは。大変だよ、特に「ぐしけんくん(仮)」の中の人は・・・

P1020838 P1020894 この日は「琉神マブヤー」ショーもやってました。なのに、試合前は10分近く悪役の歌とダンスだけw。結局出てきたのはハーフタイム、ってオイw

P1020843_2 私は、彼女?が気になった

P1020891_2 P1020907 元気のゴール後と松田のFKが飛んでいくところ

さて試合なんだけど、開始早々にCKから先制される苦しい展開。長崎もCKから川崎のゴールで追い付くが、琉球は松田が直接FK決めて勝利。長崎の連勝は2でストップ。
気になったのは、試合通して基本的に長崎がボールを持って、琉球はカウンターというのが目についた。
以前の琉球は与那城ジョージさんとかの影響か、とにかくパスをつなぐサッカーだったような気がするんだけど、この日は前からの早いプレスとか、速攻とかが主体。
ピッチ状態がとかく悪いからかもしれないけど、現実的なサッカーやってるなぁ、という印象。長崎がパスサッカーを指向してるけど、たまーにそのコンセプトに殉じてるんじゃ?と思うシーンはこの日もチラホラ。
あ、井筒はそれ以前かも。サイドバックがペナルティエリア近くまでボール持って上がって、選択肢がクロスかバックパスというのは寂しすぎた。

P1020925_2 試合後には選手で反省会もやってました。
見てて面白いか、強さを感じるか、というと?だけど、リアリズムに徹したサッカーやっとるなぁ、という印象でした。
でも、以前はホームで1年近く未勝利だった事もある琉球にとって、地理柄アウェイにそう行けないサポに勝利を味あわせる、というのは、内容よりも優先されるべき事項なのかもね、と、この日も3000人を超えたスタンドでちょっと考えました。試合後、榊原社長ともちょっと話して、動員の好調ぶりは聞きましたが。
あ、ちなみにFC琉球ホームゲームの選手入場BGMがPRIDEのテーマだったのは笑った、というかなんというか・・・・・・・・・・(汗)。

P1020949 120番バスで帰還。「那覇バス」と「沖縄バス」で共同運行だけど、バスロケーションシステムは別々なのね。渋滞で40分遅れたけど、何とか空港に到着して、かえって来ました。
というわけで、未更新な試合は多々あれど、個人的にJFLはこれで2週おやすみです。無事帰国して7月、鳥取に行けますように(^人^)…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

理想の3-2 JFL第9節 ソニー仙台FCvsV・ファーレン長崎

今シーズンの日程が正式に決まったときに、ある意味一番残念だったのがこの日程。

5月4日ではなく2日だったら、1日にユアスタであったJ1の仙台vsC大阪とのハシゴ観戦できたのに、と思ってた。

しかもその後、NHK-FMの無法地帯良心番組たる「今日は一日○○三昧」のサッカー特集が5月4日放送決定!

というわけで、かなり残念な気分で向かいましたよ。ええ。あんなオチが待っていようとは・・・・・・。

P1010612 P1010613 P1010617 P1010601 会場は石巻、ということですが、石巻といえば石ノ森章太郎氏の記念館がある、ということでキャラクター多数がお出迎え。

P1010616 ここから「専修大学方面」行きのバスで向かいます。総合運動公園まで220円。バスは片道15分ですが、途中萬画館近くに寄り道していくので、まっすぐいけば歩けなくもない距離かと思います。

P1010630 総合運動公園の案内図。ここにも石ノ森キャラクターが!

P1010643 P1010637 P1010658 石巻フットボール場、ピッチコンディションは良好。ラグビーができる設計なためスコアボードやゴール裏ピッチが大きかったりしたけど。飲食売店もちょっとだけ出てました。

P1010647 私は事前に石巻駅前のデパート跡→市役所のビル1Fのスーパーで焼きそば。石巻の焼きそばって蒸し麺なので、最初から茶色いそうで。

P1010655 長崎から車で23時間かけてやってきたサポ。このほかに多くのベガルタサポの皆様がみえられた、のですが、お目当ての由紀彦は遠征に帯同せず・・・・・。

ちょうど前節鳥取戦のマッチデープログラム表紙が由紀彦だったので、大量に持ってきたのでそれ配りましたが、どうして来てないか私に聞かれても、ねえ(汗)

P1010668 純也のエスコートキッスが大きかった件

P1010684 P1010699 試合あれこれ

P1010730 先制は36分、左サイドからの攻撃を宮尾ががんばってCKにしてから、2度目のCKがショートコーナーから、最後はポストに当たった跳ね返りを藤井が押し込んでゴール。リードしての折り返しだったので、風上になる後半は期待したけど、ねえ。

P1010775 前半から再三DFの裏を狙ってたソニー仙台だけど、後半4分、風に押し戻されたロングボールがGKとDFの間に落ち、処理を一瞬躊躇した隙を大久保に突かれて無人のゴールに流し込まれ同点。

そして63分、センターライン上で山本翔平が倒される。長崎FKかと思ったら主審はソニーFK。みんなはあ?と思って抗議しようとした隙をソニーの素早いリスタートで再開して、最後は今田のゴールで逆転。ジャッジへの不満、隙を突かれた失点。完全に負けモードに突入。

しかし再開直後、右サイドのワンツーから一気に純也?が攻め込むと、相手選手がたまらず倒してPK。あまりに急な展開で、私のツイッター実況も追いつけなかった。

P1010794 これを有光がしっかり決めてあっという間に同点。

P1010813 そして69分、これも右サイドから細かいパスをつないで攻め込むと、最後は中央に動いた山城へ。ゴールに背を向けた状態でボールを受けた純也がペナルティエリア外でターンしてすぐさまシュートを打つと、ソニーDFがブラインドになったのかGKの反応が遅れてこれがゴールに!!逆転!!

P1010818 その後は主審のあいまいな判断に監督も切れつつ、むやみにDFに飛び込まないように指示しつつ、ソニーの攻撃を宮尾の勇気あるプレー(洒落ではない)などで断ち切り逃げ切りに成功。

P1010835 P1010831 ソニー仙台2-3V・ファーレン長崎、見事な逆転勝ちで連敗を止めたのでした。

まあ、ストレスもやたらとたまる試合でしたが、結果はもとより、特に印象に残ったのは長崎の2点目と3点目、複数の選手がパスをつないでゴールに向かって、そしてゴールを奪う、という佐野監督の目指すサッカーが具現化したものじゃないかな?なんて思ってみたりする。

特に2点目、ありえない判定からの流れでの失点で、これまでなら頭を下げる選手がいたかもしれないところで、その数十秒後にPK奪う、なんて、精神的にも強さを見せた感じで非常に印象的でした。

・・・・・そういえば、行きの福岡空港で監督とかに挨拶した際に、「今度は勝ちたい・・・パスつないで」とつぶやいたの思い出した。

この流れをつないでいってほしい反面、今日外された選手は相当がんばらないとね。

P1010845 P1010854 試合後、監督とサポとのやりとり、監督が持ってる紙袋はつめかけたベガルタサポからのもの。まあ、間違いなく由紀彦へだったんだろうけどさ。

タイトルの「理想の3-2」というのは、このときの佐野監督の言葉です。攻撃サッカーで結果が出たのは大きいかと。あとは気の一瞬の抜けからの失点だな。そこを見逃さずに突いたソニー仙台はさすがでしたが。

P1010860 久々の勝利で笑顔も見えつつ、大急ぎで帰ったのでした。

さて、会場を出てラジオつけたら空手バカ一代→走れ☆ホーリーホックという黄金コラボが流れてきて、しかも私のメッセージも読まれて大笑いしつつ、石巻市街へ

P1010871 石ノ森萬画館へ行きました。

P1010873 P1010879 ここ、コンパニオンの女性の制服がサイボーグ009なのね!!

P1010877 カフェでクジラカレー食べつつNHKFM聞きつつ

P1010883 まだ残っていた桜を見つつ山本浩師匠のコーナー聞きつつ

P1010904 P1010912 半ばシャッター通りとなっている中心商店街各所にある石ノ森キャラクターの像を見つつ、お寿司食べて仙台のホテルに戻ったのでした。

NHKFMのやつは別エントリーにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

JFL第3節 V・ファーレン長崎vsMIOびわこ草津

P1000284 諫早の県総での今季初開催。諫早駅西口(裏口です)から無料シャトルバス運行しましたが、案内が急だったし駅の改札前(改札は東側にしかない)に案内掲示なかったので、利用者少なかったかな。駐車場が工事のため少ないので、皆さんどんどん利用しましょう。特に試合後。

P1000285 残り3ヶ月弱の県総です。

P1000294 ロスタイムに入る直前に同点ゴール叩き込んだ宮尾です。

P1000301 P1000302 試合後の両チームのサポーター。

P1000304 挨拶する宮尾選手とかです。

仕事の都合で遅れて、メインスタンド前で「キックオフ」の声を聞いたこの試合。ツイッターで書きながらだったけど、風下の前半はとにかく退屈。

後半開始直後にミドルシュート食らって、近藤がはじいたところを壽が決めたことでMIOは守備重視、というわけでもなくその後もゲームは支配してた。ミドルに近藤ファンブルであわや追加点なんてシーンもあったし。

決定機もVVNは後半にあった福嶋ミドル→GKはじく→有光が宇宙開発、の1本だけだったかな。本当に見せ場さえない負け試合。ドローに持ち込んだことを、良しとしなければならない試合で、開幕3連勝はならず。これでJFLに全勝が早くもなくなった、という試合でした。

ポジティブ(◎´∀`)ノに考えると、「この『ないようがないよう』という内容で勝ち点取れているから、チームとして連携やまとまってきたらどんな強いチームになるのか、楽しみ」。

ネガティブ(・A・)に考えると、「パスサッカーを標榜するチームが陥りやすい罠だけど、パス回しが手段ではなく目的と化する。今のVVNはまさにそうなってる。シュートやゴールへの意識が致命的に欠けてないか?」「というか、開幕ダッシュといってもホームでロック、アウェイでジェフリザに勝ってホームでMIOにドローって去年の対戦成績と一緒じゃねーか。むしろ内容は悪化してないか」

次節は昨年終盤から好調の町田ゼルビア。今期の試金石となる試合だけど、正直、この状態じゃかなり厳しい結果が予想されるか、と。町田とのいつもの結果=ドローに持ち込むためにも、選手が相当がんばらないといけないんじゃないかな。

厳しい、といえば、この試合の観客動員は2112人と、あっさりと3000人割り。正直、営業不足だな。私もようやく今期のポスターもらったので、これもこれからがんばらないとね。俺も。

マッチデーの配布開始(ジェフリザ戦の画像は私撮影)もあったけど、最悪の結果だけは免れた、そんな試合でした。さあ、年度末進行がんばろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧