2014年11月25日 (火)

終わり、続く。2014J2リーグ第42節 栃木SCvsV・ファーレン長崎

2014年11月23日、栃木県グリーンスタジアム。
栃木SC1-0(1-0 0-0)V・ファーレン長崎

1416911133683.jpg

1416911143730.jpg

1416911146702.jpg

1416911150177.jpg

1416911153360.jpg

1416911156791.jpg

1416911160267.jpg

1416911163618.jpg
佐藤由紀彦、今年最初で今年、そして現役最後のプレー。
試合内容はリーグ戦2年連続で連続無得点での連敗という極めて残念な結果だったけど、目の前で由紀彦のプレー、由紀彦のクロス、そしてアップ時や試合終了時のチームメイトとの様子・・・
それを見れた事が何より、と言うべきだろうね・・・

一つの歴史が終わった日。でも他の歴史は続いていく。そんな2014、V・ファーレン長崎10年目のシーズン終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

日本代表vsジャマイカ代表@新潟とモンテディオ山形vsV・ファーレン長崎@山形NDスタについて

1413175377859.jpg

1413175389201.jpg

1413175392373.jpg

1413175395309.jpg

1413175398930.jpg

1413175401918.jpg

1413175405366.jpg

1413175408696.jpg

1413175412357.jpg

1413175416147.jpg

1413175419839.jpg

1413175423035.jpg

1413175427871.jpg
佐世保→10.10新潟→10.11山形→蔵王→10.12芋煮会→仙台→福岡。実質4泊5日の遠征。
1-0、オウンゴールだったがそれを呼んだ岡崎→本田→柴崎のパスワークは痺れた。ただ、それだけだった代表戦。ジャマイカのGK良かった。
2-1、今年を象徴するかのような戦いぶりでの逆転負けなV・ファーレン。これでプレーオフへの道はほぼ終わりといっていいかなぁ。
でもスタジアムの中は中、外は外。
旨いものを前にしたら理屈はいらない。現場でしかわからない、わかりあえないこともある。
個人的に遠征減らす方針とは全く相反する教訓を得た秋の旅。
山形の皆様、お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

2つの閉塞感 2014J2リーグ第18節 V・ファーレン長崎vsモンテディオ山形など

2週間前のカマタマーレ讃岐戦

1402752411016.jpg
カマタマーレ相手に「流しそうめん」イベントやるセンスは吹いた
でも試合は先制しながら追い付かれての1-1ドロー。最下位だった讃岐の最下位脱出をアシストしてしまった試合だけど、そこにあったのは閉塞感
何をやってもうまくいかない。アンラッキーなシュートも決まるなど、負のスパイラルに陥っていた。
その翌週、アウェイで横浜FCに2-1で久々の勝利
その翌週6月14日(土)、16時開始ながら4000人入らない、スカスカなスタンド・・・
試合は前半こそモンテディオ山形にあわや、という場面を何度か作られたが、長崎にもチャンスあった。しかし、枠内シュートに至らず。なんでも枠内シュート数はJ2で19位?とからしいけどさ。
山形の3トップにディエゴも上がり、4人がワイドに広がる対応で長崎は何度も5バック気味になったのも攻撃のリズム作れなかった一因だとは思うんだが・・・
後半には初出場となる深井正樹、小松塁など前線厚くして勝ちに来たが、いかんせん決定力なくスコアレスドロー

閉塞感打破の明かりは見えたかな?ただ、この日の朝にあったワールドカップ、ブラジルvsオランダでのオランダの猛烈な破壊力と比べたらいかんが、決定力なぁ・・・とにかく枠内シュートだよな・・・

1402752423208.jpg

1402752427021.jpg

1402752430748.jpg
さて、ヴィヴィくん時計やら、ふわふわヴィヴィくんやら、少しはヴィヴィくんネタ増えて来ました

1402752434899.jpg
てか、入るのかよwwwwwwwwwwwww

さて、さて、あと12時間でコートジボワールvs日本

1402752439096.jpg
残念ながらブラジル行きは諦めたが、行こうぜ日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

閉塞感 2014J2リーグ第14節 V・ファーレン長崎vs水戸ホーリーホック

先週の試合。中学校の運動会と重なり動員少な目な中の試合は1-1。先制しても勝てないって辛いね・・・負けなし記録がジュビロに止められてから、今度は勝ちなし記録に変わって久しいけど。切り替えたりメンバー入れ換えたり、もがいてるのはわかるだけにね・・・苦しい試合が続きます

1401023790928.jpg
で、この日は足立梨花さんが来場。取り囲まれっぷりが凄かった。去年のゴールデンウィーク、アウェイ水戸戦に来場したときは2ショット撮影出来たのに(というか、2ショット以外の撮影不可だった)、あまちゃんもあって売れたのね・・・

1401023802541.jpg
ハート

1401023805948.jpg

1401023809589.jpg

1401023813232.jpg
あだっちぃ&あざっとぃ
・・・ヴィヴィくん敵視(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

2014年のゴールデンウィークあれこれ

すっかり忘れてたんで、今さら適当に

1400080858428.jpg
4月29日のJ2リーグ10節。V・ファーレン長崎vs大分トリニータ。ヴィヴィくんとニータンたんがいっしょ

1400080866678.jpg
初対戦。長崎県立総合運動公園陸上競技場でコレオやってきたアウェイチームは初めてかも

1400080870144.jpg
V・ファーレン長崎のサポーターもJ2リーグ入ってからは初のコレオ。真ん中には12
試合はスコアレスドロー。大分の注文相撲にしてやられた感。これはしばらく続く事に
5月3日はアビスパ福岡vs大分トリニータへ
1400080874060.jpg
1-2、後半の逆転劇で大分の勝ち。前半追加点あれば、だったが後半の逆転は采配含め総合力の勝利かと。

1400080877249.jpg
博多駅でどんたくの演舞台でLinQやHRや郷ひろみ見たりしながら、カフェでジュビロ磐田vsV・ファーレン長崎を。1-0。確かに惜敗なんだが、僅差は大差だし、前田遼一というスペシャルワンがいないし望むべくもないV・ファーレンは、ならどうするか。考え出すと陰鬱な気分になるから、その後はアイドルばかりw

1400080880855.jpg
博多どんたく最後、LinQQtyがやった新天町は凄かったね
4日はLinQLady公演→どんたくQty→どんたくSRAM→Lady公演→どんたくQty、5日はLinQQty公演→Negicco(タワレコ最前列!)→Especiaと福岡で回してから帰り。いや楽しみまくった。
5月6日、J2リーグ第12節、V・ファーレン長崎vs水戸ホーリーホック

1400080884468.jpg
この日はヴィヴィくん生誕祭。まあ、色々貰いまくってました。グッズ作りに対する不満はかなりのものだけど、なんとか人気を結びつけられないものか。マリノスなんてW杯代表発表の数分後には記念グッズ発表してたもんな・・・

1400080888447.jpg
今年の2ndユニフォームもお披露目~いつ着るんだ?
試合は1-1。後半何とか追い付くが、逆転するだけの力は見せられず。本間の守るゴールを初めて破っただけな試合。
その翌週、鹿児島鴨池での京都戦、またもゴール奪えず2-0負け。ゴールデンウィーク以降未勝利に。
チームとして疲弊してるのか、躍動感が感じにくいここ最近。相手も同じと言うが、回りは勝ち点積み上げ湘南はどうしようもない中、V・ファーレンはどう?
僅差は大差。少しの差は運命分けるには十分。今が実は正念場なのかもね、チームもまわりも。
そんな感じなゴールデンウィークまとめでしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

ワンプレーの怖さと面白さ 2014J2リーグ第9節 ロアッソ熊本vsV・ファーレン長崎

試合前の出来事はその時のツイッターの模様を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

壊れた大勝 2014J2リーグ第7節 アビスパ福岡vsV・ファーレン長崎

アビスパ福岡2-5(0-5 2-0)V・ファーレン長崎
コーナーから奥埜のダイレクトボレー
前半12分で勝っているのにどうしてカウンターから最前線にかけ上がってポストプレーで流し込むんだ山口
東の不意討ちミドル
古部のクロスに佐藤洸一ダイビングヘッド
コーナーからGK神山のパンチングが洸一にあたりゴール
前半だけで夢のスコア。こんなことってあるのか!という前半

ひじうち食らい野田が負傷退場したり、好事魔多しという予感はしたが、後半は試合も私の気持ちも荒れてしまった。個人的にはレベスタでアビスパ福岡相手に大勝感慨深い結果なんだが、3点差しかつかないか、と、もやもやした試合に。
その翌週の愛媛FC戦。私はLinQ3周年ライブのためオンデマンド視聴してたけど、88分からの大逆転。同じ勝ち点3と言っても、受け止め方は大違いかな、1点差の愛媛戦の方が爆発的な喜びあったんじゃないかな、だからこそ面白いんだけどな。

まあ、アウェイといい、九州シリーズも負けなしで来てるから、ノリノリで行きたいね。動員もね

1398177631095.jpg

1398177632164.jpg

1398177633170.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

ポワーン 2014J2リーグ第6節 V・ファーレン長崎vsギラヴァンツ北九州

1396789352717.jpg
春の改編からヴィヴィくんの冠番組(という名のスカパー!勧誘番組)が始まった今日この頃。

1396789357359.jpg

今年のJ2リーグの特徴の一つとして土曜日開催が増えたことがありますが、一番危惧されていた土曜日13時キックオフが早速。まあ、案の定入場者数3000人ちょいという結果・・・・・・
試合は43分に華麗なパスワークから奥埜のシュートをGKが弾いた所に詰めた佐藤洸一のゴールで先制、見事な攻撃に沸き返るスタンド。
しかし、再開のキックオフから左サイドをいともあっさり崩され、池元に決められる。まさに一瞬、ぬか喜び。
後半は北九州にシュート打たせず、長崎が攻めてるように見えたが決定機はほとんどないまま終わり。
監督会見でもあったけど、ポワーンとしたまんま終わった、もやもやした試合。残念という気持ちすら起きなかったのは体調だけが原因じゃないと思う。
キックオフ3時間前のヴィヴィくんとギランのコント見れた方が勝ちでしたね。

苦言ついでに。選手紹介の映像は格好よくなったけど、場内BGMの工夫のなさは酷くない?イングランドのサポーターソングCD垂れ流しになったよね。リーズユナイテッドとかのやつ、元ネタじゃなく、そのものを流すとは・・・福山雅治の新作アルバム垂れ流しの方がまだ長崎らしい?
せっかく定例会見でシーズンパス数とか有料入場者数の比率とか情報公開とかいいこともやろうとしてるんだから、もっと観客の視点もほしいな、と、ポワーンとしながら思った春のうららの試合でした。

1396789361458.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014J2リーグ第4節 V・ファーレン長崎vsジェフユナイテッド千葉

2週間も前の試合をば。まあ、前半に得点取り合い2-1で勝ち。
湘南、松本と1分1敗は想定はしてたけど、だからこそ勝ちたかった試合。長崎が先にエンジンかかった分、逃げ切れた感じ。相性どうこういうけど、まあ、僅差。今年のJ2はこんな感じなんだろうね

1396788008036.jpg

1396788018706.jpg
パペットマペットヴィヴィくん

1396788022318.jpg
試合後、ジェフィとユニティをバックに入れたヴィヴィくん。新グッズ案、最終的には230来たみたいで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

意図。2014J2リーグ第3節、松本山雅FCvsV・ファーレン長崎

今年はアウェイ遠征は極力行かないと心に決めていたのに、マイル期限(これも来年までだな。ヨーロッパ行きたかったが)と、3月15日に東京光が丘でLinQ、Negiccoとアップアップガールズ(仮)の対バンライブもあり、急遽決めた。
ライブはこの手のイベントにしては珍しく各グループ1時間(Negiccoは45分くらいで終わったのでインタビュートークで本領発揮w)と、まるで単独定期公演を3つ連続で見た感じ。コラボなかったのは意外だったけど、行ってよかったな、と満足。
・・・Negiccoメンバーにはジャパネットのユニフォームの人と思われてる予感(笑)

上野から夜行バスで松本へ。やはり寝れない(汗)

1395016693100.jpg

1395016701823.jpg
スーパー銭湯→渚駅→なぎさトレイン

1395016705183.jpg
松本城

1395016708460.jpg
松本山雅のボランティア団体TEAM VAMOSからの歓迎。明けましておめでとうございます

1395016712778.jpg
やーっほー

1395016716570.jpg
緑のスタジアムに緑のFDA機

試合はこのカード、アルウィンではやはり(笑)引き分け。今回はスコアレス。
ただ、試合終了した瞬間に両監督の意図が知りたくなった。ベンチにDF不在で最後は3トップにして攻める交代に徹した高木監督。交代枠2つも残し動かなかった反町監督。
コメント見ても、私の印象もこの引き分けは松本がラッキー、長崎は勝てた試合だったかなぁ。しかし、前節の大敗から強風、特に後半の体感気温は0度近かったようなコンディション、140000人を超え文字通り四方(アウェイ側のゴール裏も半分はホーム側指定で、そこも総立ちで歌ってた)から松本山雅への声援に包まれた雰囲気。
悪くはない結果だと思いますよ。正直。
さらにC大阪から加入直後な黒木もいきなりスタメンて水永も久しぶり出場とレギュラー争いはさらに激化。後輩という男性二人が何故か野球のユニフォーム姿でアルウィンに来てた代田選手など、頑張らないとね。
あとは、遠征はお金使いまくるから、極力行かないと心に決めていた私の判断は正しかったな、と・・・(汗)(汗)(汗)頑張ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧